中川政七商店のレインエコバッグなら雨の日も安心!耐久・撥水性に優れたエコバッグ

2020年7月1日、いよいよレジ袋が完全有料化。その中で注目度が高まっているのがエコバッグ。特におススメしたいのが、中川政七商店さんのレインエコバッグ。耐久性と撥水・防汚機能に優れた生地は、大容量のお買い物や突然の雨など、毎日状況が変化するお買い物シーンにベストマッチ。毎日の強い味方になってくれそうな、コンパクトで軽く携帯性にも優れたレインエコバッグの魅力をご紹介します。

レジ袋有料化で考えたいエコバッグ選び

令和2年7月1日から、ついにコンビニやスーパーなど“レジ袋(プラスチック製買物袋)”が有料化。すでに、お買い物にはエコバッグ持参で出かけているお母さん・お父さんも多いと思います。でも、ちょっとした出先での急なお買い物など、レジ袋があれば便利だったのは事実。これが有料になるのであれば、コンビニ弁当でお昼を済ませているお父さんにも、必ずエコバッグを持っていってもらう必要が出てきます。

そんな中、一度しっかり考えたいのが、どのエコバッグを使うか。雑誌の付録でついてきたり、ドラッグストアでポイントを貯めたらもらえたり、様々な機会で入手できるエコバッグ。でも、ジュースや牛乳を3本入れるだけでちょっと強度が心配だったり…何より雨が降ってくると中のものが濡れてしまったり…。なかなかしっくり来るものに出合えない、といったこともあるのではないでしょうか。この機会に、日常的にしっかり使えるエコバッグをひとつ購入するのもアリ!

 

ありそうでなかった本格的な荷物用の合羽

そこでおススメしたいのが、中川政七商店さんのレインエコバッグ。一番の魅力はその機能性。最初に気になるのは、耐久力でしょう。この商品、官公庁の消防防災用品や業務用の雨具・長靴などを手がけている名古屋市の合羽メーカー・船橋株式会社さんと、中川政七商店さんとの共同開発によって生まれたもの。それだけに、縫製もしっかりしていて丈夫な作りです。

そして、特に嬉しいのが合羽メーカーとの開発で生まれた撥水性。ナイロンは、デュポン社の撥水・防汚機能に優れたテフロン加工済みの生地を使用。中の荷物を雨からしっかり守ってくれます。急な雨での買い物が増える梅雨の時期など、これは本当に嬉しい!!

中川政七商店「レインエコバッグ」

バッグの作りも、ボタンでしっかり留められるかぶせ布がついているので、雨をしっかりブロック。お買い物帰りの時も、荷物が飛び出すのを防いでくれるので大助かり(自転車のカゴから商品が飛び出ないか、毎回心配になる方、朗報です!)。中身に合わせて、布と本体を留めるボタンの位置を変えられるのも高ポイントですね。

 

見た目もやっぱり大事!男性が持っても違和感のない落ち着いた色遣い

中川政七商店「レインエコバッグ」

あと、オシャレなカラーリングも魅力のひとつ。「橙」は落ち着いた色味で、男性が日常的に持ち歩いても、違和感のないセンスの良さ。鮮やかな青色はちょっとしたお出かけの時や、毎日の生活にすっと取り入れられるアクセントに。手提げと肩掛けストラップの両方がついているから、両手がふさがっている時に使えるのも、忘れてはいけないオススメポイント!

むしろ、お店自体や商品の雰囲気、そしてロゴもやっぱりオシャレ。どうせちゃんとしたものを買うなら、“いい感じのお店で買いたい!”のは当然の心理!! 流行りを捉えたオーガニックな感じもあって、クリエイターが好んで使っていそうな感じも(偏見ですが笑)。

まとめ

エコバッグひとつとっても、毎日使っているとやっぱり自分に合ったものが欲しくなるもの。雨に対する対策に気遣いがあったり、日常的に違和感なく使えるかどうかは大きなポイントです! この中川政七商店さんのレインエコバッグもオススメの一つですが、ぜひあなたにあうエコバッグを見つけてみてください。

  • 商品名:レインエコバッグ 青/橙/薄墨
  • ブランド/メーカー:中川政七商店
  • 値段:3,080円(税込)
  • 販売期間:常時
最新ギフト情報をチェックしよう!