センスがあると思われたい!おしゃれで上質な大人の封筒

2月10日は封筒の日!センスが良いおしゃれで上質な大人の封筒

2月10日は語呂合わせで「2(封)、10(筒)」と読めることから「封筒の日」とも呼ばれています。普段、何気なく使っている封筒ですが、使うシーンや送る相手のイメージごとに封筒の使い分けができると好印象につながります。ここでは送った方に「センスが良い」と思われる、大人にオススメの上品な封筒をご紹介します。

2月10日は封筒の日

一般社団法人 日本記念日協会によると、2月10日は「封筒の日」とされています。
電子メールやコミュニケーションアプリの普及により、紙の手紙を書く機会が減ったという方は少なくないでしょう。それでも、大切な人を想って素敵な封筒や便箋を選ぶ楽しさは他に代えがたいもの。直筆の手紙はPCやスマホにはない気持ちや人柄を伝えてくれますし、思い出を形にして残すことができます。手軽にコミュニケーションできる今だからこそ、ここぞというときには大切な方への気持ちをしたためた手紙をおしゃれな封筒に入れて贈れば、いっそう喜ばれるでしょう。

封筒は使うシーンや、お相手に合うイメージのデザインを選ぶのがポイントです。それでは実際に、封筒の選び方やオススメの封筒をご紹介しましょう。

センスが光るおしゃれな封筒を使いたい

まず、封筒選びでどんなものを使っていいか迷うときは、レターセットで買うのがオススメ。レターセットなら封筒と便箋のデザインがマッチしているので、統一感があり、おしゃれに見えます。

もしセンスが光る、おしゃれな封筒を選びたいときは、落ち着いた柄や色合いの封筒が良いでしょう。とくに相手の好みを知っておくと、より喜ばれるはずです。

プライベートからビジネスまで…シーンごとに合う封筒の選び方

洋型封筒や角型封筒など、その時の目的や送る相手によって使い分けましょう。ここでは、プライベートやビジネスシーンに合わせた封筒の選び方をご紹介します。

ビジネスの手紙を書くとき

ビジネスシーンで手紙を書く時に入れる封筒は、その内容や重要度によって選ぶとよいでしょう。

もっとも一般的な茶色の和封筒は、漂白処理がされていないクラフト紙を使用しているタイプのもの。他の封筒に比べてコストが低く、社内文書や重要度の低いやりとり、常日頃から行っている請求書や納品書を入れるために使用されます。
対して、漂白処理されたケント紙を使用している白の和封筒は、茶封筒に比べてしっかりした紙を使用していてコストも高いため、重要な書類や履歴書などをやりとりする、少し改まった場で使用されます。

主要なビジネス用途の封筒はこの2種類ですが、他にも会社のロゴやイメージカラーを使った封筒が使われることもあります。その場合は文字が読みにくくならないよう、視認性に注意して選んでください。

感謝の気持ちを込めてお礼を伝えたいとき

感謝の気持ちをしっかり伝えたいときに書く「お礼状」も、基本的には改まった内容の手紙。そのため、こちらも格式のある白い封筒を使用するようにしましょう。受け取った相手の第一印象を決めるのが「封筒」です。濃い色合いのものや、白地であってもあまり派手な印象を与える絵柄の入ったものは避け、シンプルなものを選ぶのが原則。

また、封筒には一重のものと二重のものがあります。フォーマルな手紙では二重の封筒を選ぶのが通常ですが、弔事に関わる場合は不幸が重ならないよう、一重のものにするのがマナーです。

お車代を渡すとき

結婚式などで、遠方から来てくれた友達や親せき、身内にお礼として渡す「お車代」。金額によって渡す封筒を変えるのがポイントです。5千円くらいまでなら、ご祝儀袋より小さい、ポチ袋のような封筒を選ぶとよいでしょう。気持ちよく受け取ってもらえるように、遊び心のあるカジュアルな封筒の方が喜ばれます。
金額が1万円を超える場合は水引と熨斗がプリントされている略式のご祝儀袋、2万円以上の場合はプリントではなく実物の水引と熨斗が付属した、正式なご祝儀袋を選ぶのが一般的です。

大人のたしなみ!持っておきたいオススメの封筒

プライベートからビジネスシーンまで、幅広く活用できる封筒が多数登場しています。大人として持っておくと便利な封筒は、バリエーションも豊かです。自分が必要な時に活用できるよう、用途に合わせた封筒を持っておくとよいでしょう。

エトランジェ・ディ・コスタリカ「封筒 パステル 洋形7号 6色」価格:500円(税込)

エトランジェ・ディ・コスタリカ「封筒 パステル 洋形7号 6色 EN1-02」
出典:amazon.co.jp

友人や親しい間柄の人に手紙を書く時など、大人の女性にぴったりな洋封筒セット。パステルカラーの「サクラ」「レモン」「ワカクサ」「ミズイロ」「フジイロ」「アジサイ」の6色が揃っています。60枚も入っているのに、リーズナブルな値段も魅力的。送る相手の雰囲気に合わせた色を選びつつ、自分なりにアレンジを加えてみるのも喜ばれるでしょう。

G.C.PRESS「封筒 My Letter Paper gold」価格:385円(税込)

G.C.PRESS「封筒 My Letter Paper gold」
出典:G.C.PRESS公式オンラインショップ

男性でも使いやすい、シンプルなデザインが特徴の封筒です。万年筆で書いたようなロゴマークがおしゃれな大人のイメージにぴったり。定番の要素を押さえつつ、おしゃれな印象を与えてくれ、ビジネスでもプライベートでも活躍してくれそうです。

和紙かわ澄「越前和紙 長5型封筒(Amazon.co.jp 限定)」価格:1,109円(税込)

和紙かわ澄「越前和紙 長5型封筒(Amazon.co.jp 限定)」
出典:Amazon.co.jp

日本の伝統技術を活かした越前和紙の10枚入り長封筒。シンプルな白封筒ですが、上質なこだわりの素材がポイント。和紙らしい温かみのある白色が格調を保ちつつ、手作りの暖かみも伝えてくれます。厚みがあり丈夫なので幅広い用途で使えることと、紙幣を折らずに入れられるところもオススメ。目上の方などにお礼を書く時にも使いたい封筒です。

ミドリ「ぽち袋」価格:418円(税込)

ミドリ「ぽち袋」
出典:ミドリ公式サイト

爽やかなライトブルーの地に映える、愛くるしいタクシーのイラストが微笑ましいペーパークラフトのポチ袋。男女年齢関係なく使いやすいデザインになっています。3つ折りにした紙幣を入れられる持ち運びに便利なサイズなのも、ポチ袋には嬉しいポイント。1枚ずつ手作りされた丁寧で繊細なつくりは、受け取る方も思わず心温まるものです。

まとめ

封筒は、伝えたい手紙の内容や目的、相手によって使い分けることが大切です。とはいえ、豊富な種類があり、どんな封筒を選べばいいかわからない方も多いはず。そんな時は、この記事を参考にしながら、相手のイメージや封筒を使うシーンに相応しいアイテムを選んでみてくださいね。

2月10日は封筒の日!センスが良いおしゃれで上質な大人の封筒
最新ギフト情報をチェックしよう!