江戸商人が夢見たそばがら枕「そば夢物語」で質の高い眠りを

9月を迎えたにも関わらず、厳しい残暑が続いています。この季節は、夜のクーラーの温度設定が難しいですよね。下げ過ぎると体が冷え、かと言って付けないと暑くて眠れない…。睡眠の質が下がって、疲れが取れないなんてこともしばしば。その悩み、高級そばがら枕「そば夢物語」が解決してくれるかもしれません。

 

江戸商人が追い求めた枕

江戸時代に枕を担いで売り歩く「枕売り」がいたことをご存知ですか?日本の独特な高温多湿の環境では、清涼感があり、そして通気性のある「そばがら枕」が多く売れたのだとか。

しかし、当時の加工方法や洗浄技術が未発達だったため、そばがら枕は素材の汚れがひどく、また虫が発生してしまうという問題を抱えていました。そのため、庶民の間で末永く使える枕として普及することはありませんでした。

そこで、これらの江戸時代の技術では解決できなかった問題を現代の最新技術で解決したのが、「そば夢物語」です。

 

衛生的で高品質なそばがら

「そば夢物語」で使われているそばがら素材は、毒性の高い消毒を行わず、水での洗浄を3回繰り返して行うことにより、汚れや不純物を取り除いています。また、虫の発生を抑制するため、防虫効果があると言われている天然のひのきチップを配合。

素材自体の水洗いを可能にしたことで、自宅でも洗うことができ、汗をかく季節もニオイが付きにくい枕を実現しました。

 

高さが自由自在に変えられる

枕の形状は、現代の人間工学と体型、生活習慣に合わせて設計。ひと昔前の35×55cmの小さめのものではなく、43×63cmと今日の寝室環境や布団に合ったサイズで作られています。

また、枕の高さを自由に変えることができる高さ調節口付き。自宅で素材の出し入れをして、好みや体調に合わせて微調節することができます。

 

そばがらだけじゃない!カバーへのこだわり

カバーには三河木綿の糸を使用した「和晒し6重織りガーゼ」素材を採用。思わず頬ずりしたくなるような、上質な肌触りです。

また、リバーシブルになっており、裏面に返せばサラッと爽やかな2重ガーゼが。固めの素材感をより味わいたい時や、ムシムシした暑い夜に使えば、より快適な眠りへと誘ってくれます。

 

あなたはどっち?さらに選べる2タイプ

枕の高さを変えられることは先ほどご紹介した通りですが、「そば夢物語」にはさらに選べる2タイプがあります。それが、“標準タイプ”と“大盛りタイプ”。

写真は“標準タイプ”のものですが、こちらは4つの段に区切られた構造で頭を乗せる部分がフラットになっており、寝返りをうっても高さを均一に保ってくれます。“大盛りタイプ”はそばがら枕特有のしっかりとした硬さを存分に味わえる、区切りのないふっくらしたタイプ。硬い枕、高めの枕が好みの方におススメしたい枕です。

ちなみに私は、“標準タイプ”から少しだけそばがらを抜いた高さがフィット。実際に横になると、首元が詰まることがなく、また横を向いても高さに偏りが出ないため、どんな体勢でも自然と深呼吸を繰り返していました。

 

時空を超えてやってきた、夢のような枕

日本の高温多湿な独特の気候でも清涼感があり、ムレづらいそばがら枕。研究と改良を重ね、江戸の枕商人が追い求めた理想の枕が、現代に登場しました。1度使えば、次の日の目覚めの違いに驚くこと間違いなしです。

  • 商品名:そば夢物語
  • 中素材:そばがら100%(洗えるそばがら) ひのきチップ配合
  • 側生地:綿100%
  • カバー素材:綿100%(ブラウン)([表面] 三河木綿 和晒6重織ガーゼ [裏面] 2重ガーゼ)
  • サイズ:標準タイプ/約 幅63×奥行き43×高さ7cm(首元)、大盛りタイプ/幅63×奥行き43×高さ11cm
  • 重さ:標準タイプ/約1,780g、大盛りタイプ:約3,000g ※そば殻の大きさは様々ですので、重さはあくまで目安になります。
  • 枕カバー仕様:ファスナー式
  • お手入れ方法:[枕本体]できるだけ頻繁に天日干しをしてください。ご家庭で手洗いできます。[枕カバー]ご家庭でお洗濯できます。お洗濯の際は洗濯ネットをご使用ください。
  • 注意事項:そばアレルギーの方、喘息をお持ちの方はご使用にならないで下さい
最新ギフト情報をチェックしよう!