おもてなしにも使える癒しグッズ。香水香「花の花」がある生活

忙しい毎日を過ごしていると「癒しが欲しい」と思うこともありますよね。リラックスしたいおうち時間には、香水香「花の花」がぴったり。「花の花」は明治時代からずっと愛され続けている華やかな香りのお香です。重厚なお花の香りは心地よく、歴史あるブランドらしい深みも感じられます。今回は、日本最初の香水香である「花の花」の魅力をお届けします。

お香の魅力とは


お香は、加熱によって発生した芳香を楽しむもの。香りを嗅ぐことで鼻から脳に刺激が伝わり、気分転換やリラックスに効果的といわれています。手軽にリフレッシュしたい時や、集中力を高めたい時などにお香は最適です。

「お香」と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、火をつけて焚いておくだけなので、手間はまったくかかりません。玄関でお客様をもてなしたり、居間でゆったりとした時間を過ごしたり、使い方は様々。家にいる時間が多くなり、ストレスが溜まっている人にもおススメです。

古くから日本人に親しまれてきたお香

そもそもお香はいつからあるのでしょうか?

お香のルーツとなる香木の歴史は古く、奈良時代に成立した『日本書紀』では、595年4月に淡路島に漂着した香木(樹木から取れる香料)を焼くと、遠くまで良い香りが広がったので、不思議だと思い朝廷に献上したというエピソードがあります。

時を経て平安時代には貴族たちが生活の中に香りを取り入れるようになりました。仏前に供えるだけでなく、部屋で焚いたり、香りそのものを楽しむようになったのがこの頃です。

室町時代の後半になると、香木を焚いて楽しむ日本独自の「香道」の文化が誕生しました。このようにお香は古くから日本人に親しまれています。

華やかな香りのお香「花の花」の誕生

明治時代には西洋からやってきた「香水」が、明治の世を象徴する香りとして世間に広がりました。そんな中で、天才薫香師と言われた鬼頭勇治郎が日本の伝統的な技術を用いて、“香水のような華やかな香りのお香を作りたい”と挑戦を重ねて生み出したのが、「香水香 花の花」。

現代のフローラル調のお香の礎を築いた「花の花」は日本香堂に引き継がれ、以来明治・大正・昭和・平成・令和と長きにわたって愛され続けています。

伝統の香りはそのままに、手に取りやすくリニューアル


明治44年(1911年)の発売以来100年以上の歴史を持ち、お香の礎を作ったといっても過言ではない「花の花」。香りはばら、ゆり、すみれの3種類で、どれも上品で心地よいフローラルな香りがします。

香りによって異なるパッケージはレトロな雰囲気で可愛らしく、お香になじみのない20代、30代でも思わず手に取りたくなるデザイン。実はこのパッケージは、より幅広い人々に楽しんでもらおうとリニューアルしたそう。

日本文化を感じられるような洗練されたパッケージは、海外の方へのお土産にも適しています。パッケージには「何の香りが」「どれだけ入っているか」を英語でも表記。また中の能書にはお香の焚き方なども英語で記載されているので、安心してプレゼントできます。

特別な日のお線香としても

お香とお線香は、作り方など基本的な部分はまったく変わりません。お香は香りを楽しむもので、お線香は仏事に用いられるものと一般的には区別されています。

しかし、お線香をお香として、またお香をお線香として使うことも可能です。普段はお線香を使っている場面でも、気分を変えたい時や、月命日などの特別な日にはお線香の代わりに「花の花」を利用してもいいかもしれません。

リラックスタイムにも、おもてなしにも


「花の花」のパッケージは落ち着いた可愛らしい雰囲気。この箱は、お香を使い終わったあとも小物入れとして利用できるように、という心遣いで強度に優れた貼箱にしたそうです。

箱を開けた瞬間から、本物のお花のようなフローラルな香りが届きます。お香は丁寧に柔らかな紙で包まれており、その上に「花の花」の優れた点などが記された能書が入っていました。能書の表紙は、日本画の巨匠伊東深水の美しい名画に描かれた「花の花」。ここにも英語が表記されており、海外の方でも「花の花」のブランドストーリーを知ることができます。

包まれていた紙を開くと、色鮮やかなお香がお目見え。色は、ばらは黄色、ゆりは緑色、すみれは紫色とそれぞれ異なっています。

ばらのお香で最初に香るのは、ほんのりとスパイシーな香り。徐々にバニラの優しい甘さも混ざり、ムスクのような香りもありました。残り香も深みと奥行きがあり、上品な花の香りを長く楽しめます。

嗅いでいると心が穏やかになるようで、部屋でくつろぐ時や、気分を落ち着けたい時に使いたい逸品。ちょっとしたすきま時間でも豊かなお花の香りを楽しむことができます。

また、自宅にお客様をお迎えする前に「花の花」を焚くのもおススメ。香りは記憶に残りやすく、嗅覚から過去の記憶が呼び覚まされる「プルースト効果」が起こります。相手の方を大切に思う気持ちを込めて焚けば、その思いが香りと共に相手方の記憶に印象深く残ってくれるかもしれません。香りでおもてなしをする場合は、長寸やうず巻タイプを選んだ方が堪能できます。

「花の花」ユーザーからこんな声が届いています

  • 祖父母が「花の花」を使っていたので、私も同じものを今でも使っています。
  • 昔、母に貰ったのをきっかけに使い始めました。
  • 香りが残ります。また、その間の香りの変化も楽しいです。
  • 焚いた直後は香りをしっかりと楽しめますが、時間が経つごとに軽くなるのでそういった点も程よく感じます。
  • お客様が訪ねてくださる際などに残り香を楽しめるように、時間を見計らって焚いています。

伝統の香りを生活に取り込む


歴史のある香水香「花の花」。花の香りに包まれれば、自然と心がホッとします。商品によっては香立がついているので、初めてお香を買う方にもおススメ。パッケージは上品かつ可愛らしく、丁寧に包まれているので贈り物にもぴったりです。手軽に楽しめる癒しグッズとして「花の花」を試してみてはいかがでしょうか?

関連リンク:日本香堂

商品名:香水香「花の花」 長寸40本入

値段:2,200円(税込)

お香サイズ:約138mm

商品サイズ:幅45×高さ160×奥行23mm

箱含む重量:約56g

燃焼時間:約20分

最新ギフト情報をチェックしよう!