一度は味わいたい!自分へのご褒美にもオススメの日本三大和牛ギフト

2月9日は肉の日!自分へのご褒美にもオススメの日本三大和牛ギフト

毎月29日は「肉の日」。語呂合わせで「2=に」「9=く」と読めることから、都道府県食肉消費者対策協議会が制定したものです。焼き肉店やレストランといった飲食店をはじめ、小売店や食肉関連団体などが連携して様々なキャンペーンが展開され、日本全国で盛り上がりを見せてきました。

ところが、2月には29日がありません。そこで2月のお肉好きを救うべく、「平成29(にく)年」に始まったのがこの2月9日の肉の日だそう。今回は、そんな2月9日に食べたいオススメのお肉ギフトをご紹介します。

日本の三大和牛とは?味の特徴・オススメ料理を紹介

特別な行事やイベントのある日など、ハレの日に食べるお肉と言えばまず牛肉をイメージする方も多いでしょう。「和牛」は日本が世界に誇るブランドでもあります。

日本三大和牛とは、和牛の中でも特に有名な銘柄牛肉の名数で、「三大銘柄牛」「三大ブランド牛」などとも言われます。ただし、この3つは厳格に決まっているわけではなく、この記事では特に有名な「神戸牛」「松阪牛」「近江牛」の3つの銘柄を三大和牛としてご紹介します。
三大和牛としてはほかに米沢牛や飛騨牛も候補として名高く、通常はこれらの合計5ブランドから知名度や受賞歴に応じて、「神戸牛+松阪牛+1銘柄」と認識されることが多いようです。

「神戸牛」肉質が柔らかく口の中でとろける感覚

世界の中でも特に知名度が高く、「Kobe Beef」の表記が知られる神戸牛(神戸ビーフ)。兵庫県の認定農家で生産された黒毛和種の但馬牛から採れる肉の中で、厳しい基準をクリアしたものだけが神戸牛と名乗ることができます。
肉質は非常に柔らかく、赤身も脂身も強い甘味があります。きめ細やかな霜降りはステーキ、濃厚な赤身はすきやきがオススメ。口の中でとろける感覚が堪能できます。

「松阪牛」きめ細かい霜降りと甘味のある香りが特長

松阪牛(まつさかうし)は三重県松阪市とその近郊で肥育・加工された黒毛和種の総称です。兵庫県の但馬牛を中心に日本全国の和牛品種の子牛の中から、登録業者によって育成され個体識別管理システムに登録されている、未経産の雌牛だけがその名で呼ばれます。手間を掛けて育てられ、高級牛肉の代名詞でもありました。
きめ細やかな霜降りと、甘みのある香りを持つ柔らかい肉質は、ステーキで楽しむのがオススメです。

「近江牛」リーズナブルな価格ながら肉の甘味が堪能できる

近江牛は国内での肉用牛としての記録が400年前から残っており、豊臣秀吉が小田原城を攻めた際に豊臣陣営で振舞われたというエピソードを持つなど、日本最古の歴史を持つ銘柄です。原産地表示が滋賀県である和牛品種が対象となり、松阪牛や神戸牛よりも厳しい定義がありません。
そのため、三大和牛のなかで最もリーズナブルに楽しめる銘柄でもあります。特に上質なものには「認定シール」が貼られていて、しゃぶしゃぶやすき焼きにするのがオススメです。

神戸牛専門店で買える、オススメ神戸牛ギフト2選

ここからは、神戸牛専門店で購入できるオススメ神戸牛ギフトをご紹介します。
三大和牛の中で最も認定基準が厳しく、希少価値の高い神戸牛を専門に取り扱うお店は多くありません。豊富な知識と確かな経験を兼ね揃えている神戸牛専門店だからこそ、よりおいしい神戸牛に出会いやすいのです。

森谷商店「お試し すきやきセット」価格:2,980円(税込)

森谷商店「お試し すきやきセット」
出典:森谷商店公式サイト

森谷商店は、創業明治6年の老舗専門店。皇室献上歴もあり、確かな目利きを持っているお店です。神戸牛を1頭まるごと買い付けることで、あらゆる部位を低価格で提供可能だそう。こちらのお試しすき焼きセットは、「神戸牛は高くて手が出ない」と思っている方や初めて食べる方が気軽に手に取れるようにつくられた商品。特製の割り下つきで、日常のちょっとした贅沢にぴったりです。

辰屋「神戸牛 特選カタログギフト」 5,399円(税込)~

辰屋「神戸牛 特選カタログギフト」
出典:辰屋公式サイト

やはり明治創業で、神戸の中心地・三宮で伝統を守り続ける神戸牛専門店の辰屋。その辰屋の神戸牛を使ったすき焼き肉や切り落とし、ハンバーグやビーフジャーキーなど好きなアイテムを選べるカタログギフトです。予算の範囲で好みやライフスタイルに応じて自分で選ぶ楽しさを味わえるカタログギフトは、自分へのご褒美にはもちろん、贈り物としての使い勝手が抜群。5千円~5万円まで予算に応じて選べる6コースです。

松阪牛専門店で買える、オススメ松阪牛ギフト2選

丹精込めて育てられることで有名で、やはり非常に高価なイメージのある松阪牛。当地で長年取り扱いの実績を持っている専門店は、最高級の松阪牛がお値打ち価格で手に入りやすいもの。いつもよりちょっとだけ贅沢を楽しむお肉は、専門店からの購入をオススメします。

やまと「松阪牛リブロースステーキ 200g」価格:13,000円(税込)

やまと「松阪牛リブロースステーキ 200g」
出典:やまと公式サイト

松阪牛一筋で創業66年、牛肉の取引規格の中でも最高級であるA5ランクだけを扱う 専門店です。A5ランクの中でもさらに品質の良いものを厳選して届けられるリブロースは驚くほど柔らかく、濃縮された旨味がジューシーです。赤ワインと合わせ、王道のステーキで楽しむのがオススメ。通常の化粧箱のほかに、オプションで桐箱や風呂敷包みでのお届けも可能で、改まった贈り物としても最適です。

長太屋「松阪牛サーロインステーキギフト200g×2枚」価格:14,148円(税込)

長太屋「松阪牛サーロインステーキギフト200g×2枚」
出典:長太屋公式サイト

自家牧場を持ち、すべての牛を仔牛から1頭1頭大切に育てることで、生産から販売までクオリティの一元管理を実現している長太屋。肉本来の旨味を減らしてしまうと言われる真空パックは採用せず、1番美味しいタイミングまで冷蔵庫で熟成させたお肉を配送日当日にカットして届けてくれます。霜降りの豊かな甘味に、口いっぱいに広がる芳醇な肉汁を存分に味わえるサーロインは、恋人や夫婦でゆっくり楽しみたい特別なお肉です。

近江牛専門店で買える、オススメ近江牛ギフト2選

長い歴史を持ち、ブランド牛として広く愛されてきた近江牛。他の2銘柄よりもやや手に取りやすいぶん、独自の仕入れルートを持つ専門店なら、近江牛の中でもとくに品質の高い「認定近江牛」やA5等級の近江牛が手に入りやすい利点があります。

松喜屋「極上 近江牛肉すきやき肉1㎏」価格:16,200円(税込)

松喜屋「極上 近江牛肉すきやき肉1㎏」
出典:松喜屋公式サイト

明治創業、琵琶湖南東部山麓の指定牧場で豊かな自然に育まれた認定近江牛のみを、厳選して取り扱う指定店です。肉の旨味がたっぷり感じられるまでじっくり熟成された肉は極上の霜降り。脂の甘味、肉の柔らか、霜の入り方の美しさとすべてにバランスのとれた部位のスライスは、すき焼きとしゃぶしゃぶどちらでも楽しめます。

万葉「近江牛 特選ローススライスすきやき用」価格:7,344円(税込)~

万葉「近江牛 特選ローススライスすきやき用」
出典:万葉公式サイト

70年続く老舗近江牛の卸店と提携し、中間業者を通さずに品質のよい近江牛を手に取りやすい価格で販売している専門店。経営する飲食店で近江牛料理を提供しているため、その食べ方を熟知しています。美味しさを最大限に引き出すカット方法や梱包、配送方法で届けられるお肉は、きめ細やかなサシが目に美しく、上質な甘味と旨味が口の中でとろけるよう。お肉が好きな人にこそオススメです。

まとめ

肉の日にこそ噛みしめて味わいたい、日本三大和牛ギフトをご紹介しました。思うように外出や旅行ができない昨今、いつもより少しだけ豪華な食事は、日常を間違いなく豊かにしてくれるでしょう。1年の中でも平日が少なく慌ただしい2月ですが、この月だけのちょっぴりイレギュラーな肉の日を、忘れずに楽しんでみてくださいね。

関連記事

毎月29日は語呂合わせによる「29(ニク)=肉」の日として、お肉屋さんや飲食店で様々なキャンペーンやサービスが展開されます。その中でも11月の29日は、「1129(イイニク)」の日として最高潮の盛り上がりを見せ、日本全国のお肉好きには絶対に[…]

2月9日は肉の日!自分へのご褒美にもオススメの日本三大和牛ギフト
最新ギフト情報をチェックしよう!