フェーヴが入っていたら大当たり!新年を盛り上げるガレット・デ・ロワ6選

「ガレット・デ・ロワ」をご存じですか?フランスの伝統的な焼き菓子で、最近では人気のパティスリーで季節限定商品として販売されることが増え、そのおしゃれさからSNS等でも注目度が高まっているアイテムです。

新しい年の訪れを祝って食べるガレット・デ・ロワは、お正月明けに家族で集まる際の差し入れや、お年賀の手土産としてもぴったり。今回は、ガレット・デ・ロワの人気の秘密と、ぜひとも味わってみたいオススメ商品をご紹介します。

新年を祝うフランスの伝統菓子・ガレット・デ・ロワ

ガレット・デ・ロワとは?

キリスト教の祝日である1月6日の公現祭(エピファニー)を祝い、フランスの全土で食べられているお菓子です。地方によって多少の違いはありますが、折り込み型のパイ生地にラム酒やコニャックなどの洋酒で香り付けしたアーモンドクリームをたっぷり詰め、サクッと焼き上げたアーモンドパイのことを指します。
特徴は、パイの上に紙製の王冠を添え、中には「フェーヴ」(フランス語でソラマメの意味)と呼ばれる、小さな陶器の人形が入っていること。パイを切り分けた際に中からフェーヴが出てきた人は、その1年は幸福が続くとして王冠を被り、集まった人達から祝福を受ける決まりがあります。伝統としては1月6日に食べられるものですが、近年では1月いっぱいは販売されていて楽しめることも多いです。

ガレット・デ・ロワの楽しみ方とは?

ガレット・デ・ロワの起源は、古代ローマの農神を祝うサトゥルヌス祭に遡ります。この祭りの宴ではケーキにマメを1粒いれ、マメが当たった参加者を王様として扱ったのだとか。これが転じて、ルイ14世の時代の王宮では、フェーヴが当たった人が1日限りの王様・女王様になることができたと言われています。
現代のフランスでは、家族で集まった食卓で目隠しをした大人が人数分を切り分け、1番小さな子どもが誰にどのピースを配るか配分するのが伝統だそう。フェーヴが当たった人は王冠を被り、王様や女王様として願い事を聞いてもらえるので、新年の集まりの運試しのアトラクションとして取り入れれば、盛り上がること間違いなしです。

またガレット・デ・ロワのシンボルとも言えるフェーヴは、どこのパティスリーも気合を入れて制作しています。様々なデザインや種類があり、毎年変わるフェーヴをコレクションしている人も少なくありません。

2021年に買うならコレ!オススメのガレット・デ・ロワ

アーモンドクリームをメインとしたシンプルなパイであるガレット・デ・ロワは、それだけにパティシエの創意工夫や魅力が光るもの。どれがお気に入りか、食べ比べてみるのも楽しいですね。ここでは、今の時期に特にオススメの商品を6点ご紹介します。

Joel Robuchon(ジョエル・ロブション)「ガレット デ ロワ Galette des rois」価格:2,700円(税込)

ジョエル・ロブション「ガレット デ ロワ」
出典:ジョエル・ロブション公式サイト

アーモンド生地に希少性の高いタヒチ産バニラをふんだんに使用し、しっとりと豊かにバニラが香るアーモンド生地とサクサクしたパイ生地のハーモニーが魅力です。毎年変わるオリジナルの陶器製フェーヴは、レストラン「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」の魚料理「鯖のタルト」がモチーフ。他にない繊細で独特なデザインが、今年もコレクター心をくすぐります。

ラトリエ・ド ゥ・マッサ「ガレット・デ・ロワ」価格:2,300円(税込)

ラトリエ・ド ゥ・マッサ「ガレット・デ・ロワ」
出典:ラトリエ・ド ゥ・マッサ公式サイト

フランスの名だたる菓子専門店で修業を積み、フランス伝統菓子の本来の魅力や文化を伝える「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」のメンバーでもあるシェフが腕を奮う神戸のパティスリー、ラトリエ・ド ゥ・マッサ。2016-17 シーズンのガレット・デ・ロワ コンクールのファイナリストが焼き上げるガレット・デ・ロワには、フランス製のフェーブと王冠がセットになっています。

ケーキハウス ツマガリ「ガレット・デ・ロワ」価格:4,212円(税込)

ケーキハウス ツマガリ「ガレット・デ・ロワ」
出典:ケーキハウス ツマガリ公式サイト

杏仁のような芳醇な風味が特長のイタリア・シシリー産アーモンドをたっぷり使った生地は、ほのかにラム酒が香り、他にどんな果物やナッツの飾りも必要ないと思えるリッチな味わい。自家製のパイ生地にはお菓子専用に自社開発した発酵バターが贅沢に使用されています。イタリア・フィレンツェで1931年に創業された高級ステーショナリーメーカー、ロッシ社のペーパーを使用した優雅なギフトボックスも魅力です。

Patisserie PARTAGE(パティスリー・パクタージュ)「ガレット・デ・ロワ」価格:2,300円(税込)

パティスリー・パクタージュ「ガレット・デ・ロワ」
出典:パティスリー・パクタージュ公式サイト

東京・玉川学園にあるパティスリー・パクタージュは、有名店で研鑽を積んだパティシエール手作りの焼き・生菓子をはじめ、ショコラ、パン、コンフィチュールなどフランスの様々な伝統菓子を豊富に取りそろえる人気店。フェーヴは中に入れて焼かず、添えるだけのお店も少なくない中、どっしりと存在感のあるガレット・デ・ロワの中に可愛らしいフェーヴが初めから収められているので、切り分ける際のドキドキわくわく感もたっぷり。

palette(パレット)「ガレット・デ・ロワ」価格:3,000円(税込)

パレット「ガレット・デ・ロワ」
出典:パレット公式サイト

滋賀県で四半世紀に渡って愛されているパティスリー、パレット。素材や作りたてであることにこだわり、それぞれのパティシエが想いを込めたケーキを提供しています。自家製の折り込みパイの中にアーモンド100%のクリームを詰めて焼き上げたガレット・デ・ロワは、素朴で暖かみのある味わいが魅力。王冠もセットで、すぐに家族で楽しめます。

picard(ピカール)「ガレット・デ・ロワ」価格:1,383円(税込)

ピカール「ガレット・デ・ロワ」
出典:ピカール公式サイト

フランスで50年の歴史を持つ冷凍食品専門店・ピカール。本格的なフランス料理を自宅で手軽に楽しめるブランドとして、日本上陸以来、話題と人気を集めてきました。ピカールの人気の秘訣は、冷凍食品とは思えない美味しさと品質に加えて、華やかに食卓を彩り食欲をそそる美しい見た目。気軽にリピートできるお値段と併せて、いつもの食卓に少しだけリッチでスペシャルな楽しさを加えてくれます。

まとめ

お正月明けの今、家族で楽しみたいガレット・デ・ロワをご紹介しました。味わって美味しく、イベントとしても楽しいガレット・デ・ロワは、家族の団らんにぴったり。年に1度、新しい年を迎えた記念となる大切な思い出として、素敵な時間を味わってくださいね。

最新ギフト情報をチェックしよう!