今年お世話になった人にお歳暮を!お家で楽しむあったかグルメ8選

お歳暮とは、1年の終わりの時期に、お世話になった方へ感謝を込めて品物を贈ることを指します。何かと忙しいこの時期、お歳暮の必要性を感じつつ、ついつい後回しになってしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、お歳暮を贈る際に知っておきたいマナーや注意点、オススメの定番・人気ギフトをご紹介します。

お歳暮を贈るときのマナー

お歳暮

お歳暮を贈る時期

贈る時期は、全国的には12月13日~20日頃までが一般的とされています。贈り始めの時期は地方によって変わり、1番早いと言われる関東地方では12月初旬、関西では12月13日頃から。多少遅れてしまったとしても、どちらの地域も12月31日までに届けば問題ありません。

お歳暮を贈る相手

お歳暮を贈るべき相手として、定められている決まりごとは特にありません。年の最後に感謝を伝えたい相手、一般的には両親や義両親、親戚、勤め先の上司や取引先、恩師、結婚式で仲人を務めてくれた方といった相手に贈る場合が多いでしょう。

しきたりが重んじられていた昔と比べ、近年ではより気軽な挨拶の場として使われるようになっています。反面、自身やお相手の勤め先によっては、お歳暮・お中元などの授受をコンプライアンスの観点から禁止している場合もあるため、注意が必要です。

お歳暮の予算・相場

お歳暮の予算は3,000円~5,000円と言われています。お相手との関係性や好みによっても多少変動はあるかもしれませんが、受け取る側が負担に思わないよう、あまりかけ離れた金額にしない心遣いは必要です。金額の多さよりも、喜んでもらえる品を選ぶことを重要視しましょう。

お歳暮を贈るときの注意点

お歳暮の選び方

一般的に「縁を切る」という意味合いを持つ刃物類や、プライベートなものである下着類を贈り物に選ぶことは避けましょう。また上司や取引先、恩師などの目上の方に対しては、現金や商品券等の金券類は相応しくありません。好き嫌いが分かれそうな珍味や、時節柄、賞味期限が短く長期保存ができないものも避けた方がよいでしょう。 

贈る際にはお礼状を添えて

従来は直接会って渡すのが望ましいとされていたお歳暮ですが、近年では宅配便を利用した配送が一般的になっています。とはいえ感謝を伝えることを目的とした行事ですから、品物だけを贈るのではなく、時候の挨拶を添えたお礼状を同封するようにしましょう。

お歳暮の時期が「喪中」「忌中」にあたる場合

喪中

「喪中」とは、故人の方の七七忌(四十九日)から一周忌のあいだの期間のこと。この間はお祝いごとに関わるのは避けた方がよいとされています。が、お歳暮は日頃お世話になっている感謝の気持ちを伝えるものであるため、お祝いにはあたらず、贈り先・贈り主のどちらが喪中であっても、贈ることには特に問題ありません。

ただし、「忌中」の期間はなるべく避けるのが望ましいとされています。忌中とは、仏式では故人が亡くなられてから四十九日まで、神式では五十日までを指します。この間は遺族の方の悲しみも癒えておらず、また手続きなどで忙しい場合も多いので、贈る側の負担になる可能性があるためです。四十九日を過ぎてから、あるいは時期をずらして松の内以降の寒中見舞いとして贈るのがよいでしょう。

喪中の場合の注意点としては、通常のお歳暮と熨斗を変えることが必要です。通常の熨斗紙は紅白の蝶結びの水引が書かれたものですが、喪中の場合は水引なしの無地のかけ紙となります。また、贈り先を故人宛てにすることは避けましょう。

お歳暮グルメの定番品:〜鍋セット~

家族や親しい人と食卓を囲む機会の多い12月。お歳暮グルメといえば、やはりすき焼きやもつ鍋などの鍋セットが定番です。鍋といっても肉や海鮮、野菜がメインのものなど種類が多いため、贈った際に食材として応用が利き、外れがないのが鍋ギフトの長所。すき焼きなど良質な肉を主としたものを選べば、目上の方にも安心して贈れます。

あかまる牛肉店「鳥取和牛赤身すき焼きセット400g」価格:5,400円(税込)

あかまる牛肉店「鳥取和牛赤身すき焼きセット400g」
出典:あかまる牛肉店オンラインショップ

脂肪の中にオリーブオイルの主成分であるオレイン酸を豊富に含み、まろやかで口当たりがよく胃にもたれにくいことで高評価を受けている鳥取和牛。その鳥取和牛の専門店が選んだA3~A5等級の肩肉・モモ肉を、食べやすくスライスしたすき焼きセットです。和牛の醍醐味である、とろける食感と引き締まった赤身のバランスの良さを存分に堪能できます。

特選松阪牛やまと「和牛もつ鍋 3〜4人前」価格:4,980円(税込)

特選松阪牛やまと「和牛もつ鍋 3〜4人前」価格:4,980円(税込)
出典:特選松阪牛やまとオンラインショップ

新鮮で甘味のある黒毛和牛のコプチャン(小腸)を使い、旨さを引き出すあっさりめの醤油ベースのスープと合わせたもつ鍋セットです。扱い方によっては味にクセが出てしまうもつこそ、牛一筋の専門店にこだわりたいもの。〆に使用する専用の小匠麺も名店「藤代製麺」製。大人から子どもまで、こだわり抜かれた食感と味わいを楽しめます。

冬の食卓を手軽に豪華に彩る:~洋食~

普段の食卓も少しだけ豪華にしたい年末年始、喜ばれるのは洋食のお歳暮ギフトです。近年は冷凍技術の向上により、様々な食事が手軽に美味しく食べられるようになりました。家庭の冷蔵庫に長期間保存しておけ、夕食のメインにできる1品は、忙しい季節にぴったり。海産物など地方の特産品をふんだんに使用した、少し豪華なアイテムがオススメです。

越前夢工房「越前せいこ蟹のグラタン」価格:4,968円(税込)

越前夢工房「越前せいこ蟹のグラタン」
出典:越前夢工房オンラインショップ

フレンチレストランのシェフが監修し、冬の味覚の王様として有名な「越前せいこ蟹」を丸ごと使用した贅沢なグラタンです。身以外にも内子や外子、カニ味噌がふんだんに使われ、たっぷりとしたチーズと合わさって織りなす濃厚なコクと旨味は、食卓を囲んだ人を幸せにしてくれるでしょう。今だけの季節限定商品です。

森山ナポリ「ごちそうセット」価格:5,184円(税込)

森山ナポリ「ごちそうセット」
出典:森山ナポリオンラインショップ

古都金沢の茶屋街の側で生まれた本格窯焼きピザ工房「森山ナポリ」。550度の高温石窯で手焼きされたピザを、独自製法で焼き立てのまま急速冷凍。人気1位のマルゲリータと4種のチーズにトリュフを合わせたクワトロフォルマッジ、ズワイガニのほぐし身をたっぷり乗せたクラブピッツァは、年末年始の台所にぜひとも常備しておきたいセットです。

ひと味違う逸品を:〜中華・天心詰め合わせ〜

もはや日本の食卓に欠かせない食事となっている中華・天心。特に年末年始の時期は、和食やおせちを食べる機会が増えるため、ひと味違ったものが欲しくなるタイミングでもあります。また家庭の台所の火力では作るのが難しい品でもあるため、老舗や人気店の中華・天心詰め合わせは、外出が難しいご家庭にとって嬉しいギフトになるでしょう。

551HORAI「冬の豚まんセット」価格:5,860円(税込)

551HORAI「冬の豚まんセット」
出典:551HORAIオンラインショップ

大阪名物といえば、551蓬莱の豚まんを挙げる方も多いでしょう。ほんのり甘い生地に包まれたジューシーな豚肉と玉ねぎのハーモニーは1度食べたら忘れられません。その豚まんに、人気の焼売、餃子、ちまきに煮込み麺がセットになった季節限定セットは、まさに冬の必需品。関西出身の方に喜ばれるお歳暮になること請け合いです。

聘珍樓「松柏(しょうはく)」価格:5,220円(税込)

聘珍樓「松柏(しょうはく)」
出典:聘珍樓オンラインショップ

明治18年に創業された、横浜中華街の伝統ある名店・聘珍樓。フカヒレ入り餃子や干し貝柱入り焼売、肉汁あふれる小籠包など、人気の天心を計3~4人前となる7種39点詰め合わせた豪華セットです。商品名の元となった松と柏の木は長寿のシンボル。気軽に遠出が難しい近頃、老舗の点心セットはご年配の方に向けたギフトとしてもぴったりです。

寒い季節に便利な1品:~スープギフト~

寒さが増し、心身ともに冷え込みを厳しく感じるこの季節。身体を温めるスープギフトはもらってうれしい1品になります。動くのもつらい冬の朝や、深夜の夜食としても、手軽に食べられるスープは欠かせません。たくさんの種類が詰め合わせられたギフトならではのセットは、贈られた側に「今日の1品」を選ぶ楽しさも感じさせてくれます。

シェ松尾「具だくさんスープ詰め合わせ」価格:5,400円(税込)

シェ松尾「具だくさんスープ詰め合わせ」
出典:シェ松尾オンラインショップ

高級フレンチレストラン・シェ松尾のシェフが選び抜いた新鮮な食材を、具だくさんスープに閉じ込めました。魚介の旨味とベーコンの風味が合わさる「アサリと野菜のクリームスープ」、大ぶりの若鶏をフォンドボーと鶏ガラ、香辛料で煮込んだ「若鶏とレンズ豆のココナッツカレースープ」など、手軽に食べられて冬の食卓に欠かせない4種のセットです。

MAM CAFE「自分で選べるギフトセット」価格:9個入り3,240円(税込)~

MAM CAFE「自分で選べるギフトセット」
出典:MAM CAFEオンラインショップ

水の美味しい富山のもち米を使用し、名産地・金沢で職人によって手作りされた最中に、スープやお吸い物、お茶漬けのもとを閉じ込めたMAM CAFEの「MONAKA」。天然色素で染められたマカロンのような最中を割ってお湯を注げば、それだけで1品できあがりです。27種類から自由に組み合わせられるセットは、贈る側にも楽しさを与えてくれます。

まとめ

お世話になった方へ感謝の気持ちを伝える機会であるお歳暮。年末年始に直接会って挨拶ができないご家庭も少なくない今年は、特に大切にしたいものです。贈る時期やマナー、贈る品物に注意しつつ、想いを込めた1品を選んでみませんか。

最新ギフト情報をチェックしよう!