香ばしい薄皮とたっぷりのあんこが絶品!浪花家総本店の「たいやき」

鯛の形をした皮の中にたっぷりとあんこが詰められたたいやき。近年ではクリームやツナなどが入った変わり種や、ブームを巻き起こした白いたいやきなど、様々な進化を遂げています。そんな現代において、たいやきの「元祖」として知られているのが麻布十番の「浪花家総本店」。東京で御三家と呼ばれているたいやき店の一つでもあります。

浪花家総本店とは

明治四十二年(1909年)創業以来、伝統的製法を守りたいやきを作っている老舗で、日によっては1、2時間待ちもある人気店です。かつては大衆食堂だった名残から、その頃の人気メニューやきそばなども販売しています。浪花家総本店という店名は、初代神戸清次郎が浪速(現在の大阪)出身であったことに由来します。

東京では、四谷「わかば」、人形町「柳家」と並び、美味しいたいやきの御三家とされています。さらに、社会現象を巻き起こし、日本で一番売れたシングルとしても知られる「およげ!たいやきくん」のモデルは先代の店主なのだそう。

 

一匹一匹丁寧に焼き上げる「天然もの」

実はたいやきには「天然もの」と「養殖もの」があります。その違いは、作り方。たいやきを一匹ずつ作っていく「一丁焼き」と呼ばれる伝統的な製法で作られたのが「天然もの」で、一度に何匹もいっきに焼いた場合は「養殖もの」とされているのです。

浪花家総本店のたいやきは、天然もの。職人が手間暇かけて丁寧に焼き上げています。養殖ものと比べると作るのに時間がかかってしまいますが、薄皮でサクサクとした食感は天然ものならではなんだとか。焼きあがるのを待ってでも、一度は食べてみたい逸品です。

 

パリッとした薄皮と、ぎっしり詰まったさっぱりあんこ

あんこが透けて見えるほど薄い皮は、実際に食べてみてもパリッとしていて香ばしいです。あんこはしっぽの先までぎっしり入っていてボリューム満点!たっぷりのあんこも、甘さ控えめなので誰でも食べやすいのが嬉しいですね。このあんこは北海道産小豆を8時間かけて炊き上げているそう。薄皮と上品なあんこの相性が抜群であっという間に食べ終えてしまいます。

まとめ

並んででも食べたくなるほど美味しい浪花家総本店のたいやき。電話で予約をしてから取りに行けば待たずに受け取ることも可能です。
麻布十番に立ち寄った際には、ぜひご賞味ください♪

  • 商品名:たいやき 
  • 値段:180円(税込)
最新ギフト情報をチェックしよう!