“おいしい”備蓄食、パン・アキモト「PANCAN」のしっとりやさしい味に感動

「PANCAN」

9月1日は『防災の日』。この機会に備蓄食、防災グッズの準備など見直しておきたいところです。そこでおススメしたいのが、おいしい備蓄食シリーズ「PANCAN」。栃木県那須にあるパン・アキモトが作ったパンの缶詰で、なんと37ヶ月の長期保存が可能。しかも、味が13種類もあって驚きのおいしさ!その誕生秘話からも、パンに込められた願いを感じられる商品で、しっとりした食感・やさしい味に感動しました。NASAも認めた安心・高品質な「PANCAN」をご紹介します。

 

9月1日『防災の日』に見直しておきたい防災グッズ・備蓄食

「PANCAN」

昭和35年、9月1日に制定された『防災の日』。この日は全国各地で避難訓練などが行われています。このタイミングで見直したいのが、防災グッズの準備。まったく用意していないという人も、一度セットを作ったけどそのままという人も、こういった機会に過不足がないか再確認して、もしもの時に備えておきたいものです。

特にチェックしておきたいのが備蓄食。賞味期限が近いものは、買い換えたり買い足したりして、メンテナンスしておきましょう。そこで、今回おススメしたいのが、パンの缶詰「PANCAN」です。

 

パンの缶詰「PANCAN」の3つの特徴!

「PANCAN」

このパン・アキモトのパン「PANCAN」ですが、特徴は3つ。

まず1つ目は、特殊な製法で37ヶ月の長期保存が可能なこと!
試行錯誤の末、“缶詰に生地を入れて焼き上げる”製法を確立。殺菌と焼成を同時に行い、長期間の保存を実現しています。

2つ目は、缶詰パンの元祖だからこそのこだわり!
今でこそ複数の商品が出ているパンの缶詰。パン・アキモトが缶詰パンの開発に挑戦し始めたのは1995年。それから1年間、使用する包み紙も海外まで探しにいくほど研究を重ね、こだわりの詰まったパンの缶詰を作り出しました。

3つ目、NASAも認めた安心の品質!
2009年には、安心・安全に対する追求が評価され、宇宙食としても活躍。スペースシャトル「ディスカバリー号」に積まれて、宇宙へも飛び出しました。

 

なにより備蓄用パンなのに、驚きのおいしさ!

「PANCAN」

防災備蓄パンとしての機能性も充分ですが、何より強調したいのが、とにかくとっても“おいしい”こと!

備蓄用パンと言えば、1番に思い浮かぶのは、乾パンなどあまり味のないもの。でも、この「PANCAN」は、ラインナップはなんと13種類。「オレンジ」「ストロベリー」「ブルーベリー」といったジャムでも定番の味から、深い旨みのある「抹茶」や、爽やかな甘さが特徴の「りんご」。さらに「ビターキャラメル」「ミルククリーム」「はちみつレモン」など、贅沢とも言えるラインナップです。

しかも、食べてみてさらに驚き。しっとりとしたやわらかさ、フレーバーによって味は変わるものの甘みがあっておいしい生地。パン屋さんで販売されているパンと変わらないおいしさに、ビックリしました!

 

思いやりの気持ちから生まれた、しっとりとしたやさしい味

これだけの味、機能性を形にするまで、開発に携わった方々は大変だったはず。と思って、開発秘話を読むと、納得。

始まりは1995年に発生した阪神淡路大震災。パン・アキモトは支援のため、焼きたてのパンを被災地へ届けましたが、3分の2が傷んでしまう結果に。被災者の方々のために、“柔らかくて、おいしくて、長持ちするパンをつくりたい”との想いから、備蓄用パンの開発に挑戦。真空パックや冷凍保存などの可能性も検討した結果、缶詰にたどり着いたのです。

試行錯誤の上に、ついに商品化に成功。以降は2004年の新潟県中越地震、2005年のスマトラ沖地震などでも重宝され、パンを通じた社会貢献を実現しています。しっとりとした、やさしい味は、まさにそういったパン・アキモトのみなさんの想いから作られた味。そこに感動しました。

災害が起きると最初になくなるのは、おにぎりやパン、飲料関係と言われます。普段から用意しておくと安心な「PANCAN」。ぜひ、防災セットの1つとして検討してみてください。

「PANCAN」
商品名:PANCAN(パンキャン) おいしい備蓄食シリーズ(オレンジ・ストロベリー・ブルーベリー味)6缶セット
ブランド/メーカー:株式会社パン・アキモト
値段:2,730円 (税込)
販売期間:常時
賞味期間:37ヶ月
「PANCAN」
最新ギフト情報をチェックしよう!