プレゼントに選びたい秋の誕生石・パワーストーン【10月・11月・12月】

秋の誕生石

秋生まれの方へ贈りたい誕生石

大切な人に贈る誕生日プレゼントの定番といえば、肌身に直接身に着けられるアクセサリー。特に宝石がついたものは特別な輝きを持ち、人気があります。とはいえ、ひとくちに宝石といっても、そのラインナップは多種多様で何を選べばいいか迷ってしまうことも。そんな時には、誕生石がオススメです。

誕生石は、1月から12月まで各月に定められた宝石のこと。自分が生まれた月の宝石を身に着けると、持ち主に幸運を運んでくれるとされています。誕生石を知ると、プレゼントのヒントになるかもしれません。今回は、秋の誕生石をご紹介します。

10月の誕生石はトルマリン

10月の誕生石・トルマリン

トルマリンはその結晶を熱すると電気を帯びるため、電気石とも呼ばれています。色の種類が非常に豊富で、昔は各色のトルマリンがそれぞれ別の宝石だと思われていたほど。「希望」という意味を持つ宝石で、コレクターからの人気も非常に高いです。

古くからさまざまな民族の間で、神聖な儀式にはもちろん病気の治療にも用いられてきたのだとか。今でも、心身のストレスや苛立ちをやわらげてくれるパワーストーンとして知られています。

11月の誕生石はトパーズ

11月の誕生石・トパーズ

「友情」「潔白」の意味を持つトパーズ。和名では黄玉(おうぎょく)と呼ばれていますが、実際にはピンクやブルー、ゴールドといった様々なカラーがあります。

ギリシャ語で『探求する』という意味を持つtopazosが名前の由来とされています。かつて良質な宝石の産出地として名をはせた紅海の島・セントジョーンズ島周辺が霧深く、島を探すのが困難だったからなのだとか。青いトパーズは、広大な海の色をしていることから、航海をする船乗りたちのお守りとしても用いられていたそうです。

12月の誕生石はターコイズ(トルコ石)

12月の誕生石・ターコイズ(トルコ石)

ターコイズは濃淡さまざまな青色から緑がかったもの、黒や茶色の模様が混ざったものなど、独特の色合いと風合いを持つ宝石。澄み切った空のような青を指す「ターコイズブルー」は、色の名称としてもおなじみですね。ターコイズの色は、銅や鉄の含有率によって変わるそうです。

別名の「トルコ石」という名は、そのまま「トルコの石」を意味するフランス語 pierre turquoiseに基づきます。これは現在のイラン周辺から産出された石が、トルコを経由して商われ伝えられたためとも言われています。

こちらのターコイズ、実は結婚3年目の「革婚式」の記念石でもあります。結婚年数ごとの節目には、それぞれ金婚式での金製品や紙婚式での紙製品など、名称にちなんだ贈り物をするのがならわしですが、同時に宝石を贈る習慣もあるんです。ターコイズはレザー製品とも相性が良く、また「成功」「繁栄」といった意味を持っているので、結婚から数年を経て、ますますアクティブに仕事も家庭も充実させたい方へのギフトとしても最適ですね。

まとめ

長い時間をかけて地球によって育まれてきた宝石には特別な力があると信じられ、歴史の中でも信仰の象徴とされてきました。中でも自分の生まれた月の誕生石を身に着けることで、持ち主の願いが叶うなどの加護があると伝えられています。特別な贈り物をする際には、大切な人の幸せを願って誕生石のアクセサリーを選んでみてはいかがでしょうか?

関連記事

プレゼントとして贈られることの多いアクセサリー。特に夏は、薄着になるのでコーディネートのアクセントとしてアクセサリーが重宝されます。しかし、種類がありすぎてどんなアクセサリーを贈ればいいか、ピンと来づらい方も多いのではないでしょうか?そ[…]

秋の誕生石
最新ギフト情報をチェックしよう!