包装にもこだわりを!日傘&雨傘の簡単&映えラッピング

季節を問わず使用する傘は、実はプレゼントに最適。自分でこだわって購入することも少ないので、素敵な雨傘や日傘のプレゼントは男女問わず喜ばれます。

プレゼントをする時には心を込めてラッピングをすれば、より一層思いが伝わります。サイズが大きく難しそうに思えますが、コツをつかめば簡単。今回は、傘のラッピング方法をご紹介します。

用意するもの

・ラッピングペーパー(柄の部分を除いた傘の長さ以上の大きさ)
・リボン
・傘の先を保護するエアパッキン(ぷちぷちなど)

どのようなラッピングペーパー、リボンを使用するかはセンスの見せどころ。お好みの色・デザインのものを使用しましょう。

包み方

①傘の先端をペーパーが破けないようにエアパッキンで包みます。
②ペーパーの左端には、写真のように両面テープを貼っておきましょう。巻き終えたあと、簡単に留めることができます。

③ペーパーに対してナナメに傘を置き、先端10cmほどを折り返します。
④ペーパーの右側を傘のところまで折り曲げます。

⑤そのまま、傘をクルクルと奥に向かって巻いていきます。一番端まで巻き終わったら、貼っておいた両面テープをはがし、固定します。ペーパーはこれで完成。緩まないようにキッチリ巻くのがポイントです。

仕上げ&アレンジ

柄の付け根にリボンを巻けば、ラッピングが完成。王道の蝶結びはもちろん、お花のように結んだりとアレンジをしても華やかになります。

お店で見かけるような、くるくるとした「カールリボン」も、実は自分で作ることができます。
やり方は簡単♪リボンを結んで余った部分をはさみや定規などと指で挟んで、先端に向かってしゅるしゅる~っと伸ばしていくだけ。ボリュームが出て、プロっぽい仕上がりになります。

まとめ

今回紹介した手順はごくシンプルな包装なので、リボンを柄以外の部分にも巻いたりとアレンジもしやすいですね。

自分でラッピングをすれば、ラッピングペーパーやリボンの色・デザインなどすべて自由。贈る相手の好みや間柄に合わせたラッピングをして、ワンランク上の贈り物に仕上げましょう。

最新ギフト情報をチェックしよう!