秋のお彼岸にオススメのお供え物・手土産と贈答マナー

秋のお彼岸にオススメのお供え物・手土産と贈答マナー

「秋の彼岸」といいますが、お彼岸の贈答マナーやお彼岸に向いている手土産やお供え物についてわからない方は意外と多いものです。ここでは、秋の彼岸の贈答マナーや、オススメの手土産・お供え物についてご紹介します。

 

秋の彼岸はいつからいつまで?

秋の彼岸は、秋分の日を中心として前後を含めた合計7日間になります。たとえば、2021年の秋の彼岸の場合、秋分の日の9月23日(木)を中心と考え、9月20日(月)が彼岸の入り、9月26日(日)が彼岸の明けです。

秋の彼岸の過ごし方

お彼岸は大切な仏事なので、お墓参りなど先祖を供養するために過ごします。春の彼岸も秋の彼岸も気候が良い時期なので、掃除をするには最適な時期です。仏壇や仏具の手入れ、お墓の掃除などを行いましょう。そして仏壇やお墓がきれいになったら、ご先祖様にお供え物をします。

秋彼岸の手土産やお供え物のマナー

法要などに招かれた場合は、手土産としてお供え物を持っていく場合があります。香典をお供え物としても良いでしょう。一般的に香典とお供え物はどちらかで良いのですが、地域によっては香典とお供え物を両方持参したほうが良い場合もあるので注意が必要です。事前に家族や親戚に確認しておきましょう。

そして、お彼岸は故人が好きだった食べ物やお酒をお供え物とします。秋の彼岸のお供え物として一般的なのはおはぎです。ぼた餅とおはぎはほとんど同じものですが、牡丹の花が咲く時期に食べられるのがぼた餅で、萩の花が咲く時期に食べられるのがおはぎだと考えられています。

そのほかに花、線香、ろうそくなどがお供え物として向いています。花を選ぶ場合は、白い花や淡い色の花が良いでしょう。手土産として持参するお供え物の金額相場は3,000~5,000円程度です。お供え物の掛紙の水引は黒白・または双銀、地域によっては黄白の結び切りのものを選びます。表書きは「御供」、忌明け前なら「御霊前」、忌明け後なら「御仏前」とします。

 

秋の彼岸にオススメの手土産・お供え物6選

秋の彼岸の過ごし方やマナーがわかったところで、手土産やお供え物にオススメの商品を6点ご紹介しましょう。故人が好きだった食べ物やお酒を持参するのがベストですが、わからないときは日持ちのするお菓子、花や果物、線香やろうそくなどがオススメです。

飛騨屋「萩コレクション(つぶあん)」価格:1,300円(税込)

飛騨屋「萩コレクション(つぶあん)」
出典:飛騨高山おはぎ通販

飛騨屋のおはぎはブランド米のみを使用しており、深い甘みがあるのでお米に砂糖を加えずに作られています。もともとは地元の人しか食べることができませんでしたが、飛騨屋独自の優れた冷凍技術によって全国発送することが可能になりました。冷凍で届きますが、手土産として持参するころには食べごろになるでしょう。飛騨屋のおはぎは商品の種類が多いので、おはぎ以外にも季節限定の「皮つきかぼちゃあんのおはぎ」や人気商品「笹茶巾餅」や「三色団子」などと組み合わせて手土産にするのも良いです。

かきはち「かきはちの琥珀糖 ガラス瓶8本セット」価格:3,800円(税込)

かきはち「かきはちの琥珀糖 ガラス瓶8本セット」
出典:四季彩和菓子かきはち

かきはちは福岡の和菓子店です。職人が手作業で丁寧に作る琥珀糖が美しく、Instagramなどで話題になっています。琥珀糖とは砂糖と寒天を原料にした和菓子で、しゃりっとした食感が特徴です。それに、かきはちの琥珀糖は賞味期限が1ヶ月あるので贈り物にも重宝するでしょう。また、味は10種類あり、好みの8種類を選んで詰め合わせできるセットが人気です。フルーツ味やラムネ味などバラエティ豊かなので、相手の好みに合わせられます。

 

公式オンラインショップで購入

京都 栗菓匠 若菜屋「栗阿彌(渋皮栗・栗納豆)詰合せ 16個入」価格:5,076円(税込)

京都 栗菓匠 若菜屋「栗阿彌(渋皮栗・栗納豆)詰合せ 16個入」
出典:京都栗菓匠 若菜屋

若菜屋は昭和2年創業した京都の老舗和菓子店です。代表銘菓として人気の栗阿彌は渋皮栗の蜜漬けと栗甘納豆の2種類あります。どちらも選び抜かれた大粒の栗を使っているので食べ応えがあると人気です。2種類の栗阿彌の詰合せは個包装で日持ちは60日。栗のお菓子は秋を感じられるので、手土産にすると喜ばれるでしょう。

はちやフルーツ「ぶどう シャインマスカット ジュエルセレクション 岡山県産」価格:4,800円(税込)

はちやフルーツ「ぶどう シャインマスカット ジュエルセレクション 岡山県産」
出典:はちやフルーツ

はちやフルーツは岡山のフルーツ店です。厳選された旬の岡山フルーツをお取り寄せできます。ジュエルセレクションは岡山県産のシャインマスカットを宝石箱のように詰め合わせているので見た目にも高級感があり、手土産にぴったり。それに種がなく皮ごと食べられるのが特徴です。L~5Lまで粒の大きさによって5つにランク付けされており、ランクによって価格が変わります。房から切り離して詰め合わせているので、軸枯れが起こらず鮮度が保たれます。

カメヤマローソク「和華の雅【桐箱入り】」価格:3,300円(税込)

カメヤマローソク「和華の雅【桐箱入り】」
出典:キャンドル・雑貨の通販|カメヤマローソク公式オンラインショップ

カメヤマローソクは、ろうそくや線香など冠婚葬祭器具を取り扱うメーカーです。和華の雅は、ろうそく、線香、ガラス製燭台がセットになっています。ろうそくは邪気を払うとされてきた菊をイメージし、やわらかな4種のカラーを使っています。線香は和花をイメージした香りで、短いサイズです。小さな香炉を使っている方にも喜ばれるでしょう。桐箱に入っているので、贈り物として高級感があります。

日比谷花壇「お供え用 アレンジメント プジーブル」価格:5,500円(税込)

日比谷花壇「お供え用 アレンジメント プジーブル」
出典:日比谷花壇

プジーブルはお供え用として、見る方が安らぎを感じられるようにアレンジメントになっているのが印象的。陶製花器にカーネーションやリシアンサスなどの5種類の生花が活けられています。洋花を中心としたデザインですが、シンプルなデザインの花器と白とグリーンを基調としたカラーなので、どのような家や部屋にもマッチするでしょう。

 

まとめ

秋の彼岸に渡す手土産やお供え物を選ぶときは、おはぎなどお彼岸ならではのものや、日持ちがするお菓子などがオススメです。そして法要などで人が集まるときは、人と分けやすいお菓子や手間なくサッと出せる果物、部屋を彩る生花などが喜ばれるでしょう。

 

関連記事

お彼岸という言葉は知っているけれど、そこにどのような意味や由来があり、どのように過ごすものであるかを具体的に説明できるという方は、そう多くはないのではないでしょうか。ここでは、お彼岸の意味や由来をはじめ、春の彼岸の過ごし方やお供え物のマナー[…]

春の彼岸のいわれや過ごし方とは?オススメお供えお菓子3選も
秋のお彼岸にオススメのお供え物・手土産と贈答マナー
最新ギフト情報をチェックしよう!