暑中見舞い&残暑見舞いを送ろう。マナーと書き方・文例メッセージ集

暑中見舞い&残暑見舞いを送ろう。マナーと書き方・文例メッセージ集

夏場の大切な挨拶である暑中見舞い残暑見舞い。しかし、暑中見舞い・残暑見舞いをいつ出したら良いのか、どのように書いたら良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで、暑中見舞いや残暑見舞いの由来や送る時期、気をつけたいマナーなどを解説します。暑中見舞い・残暑見舞いを書くときに便利なオススメ文例についても併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

暑中見舞い・残暑見舞いとは?

暑中見舞い・残暑見舞いとは?

暑中見舞いや残暑見舞いとは、夏の暑さが厳しい時期になかなか会えない方に対して安否伺いや近況を報告する季節の挨拶状です。

もともとはお盆に里帰りした際にお供えものをする風習がありましたが、江戸時代くらいからお世話になった方にお礼の品物を贈る習慣へと変わっていきました。お世話になった方へ贈答する習慣はお中元へと受け継がれ、これを簡略化したものが暑中見舞い・残暑見舞いになったといわれています。

暑中見舞い・残暑見舞いはいつ送る?

暑中見舞い・残暑見舞いはいつ送る?

暑中見舞いをいつから出すかは諸説あります。一般的には以下のようなパターンが主流です。そもそも暑中見舞いは夏の暑さが厳しいときに出すものなので、時期に迷ったら梅雨が明けて暑くなった頃から8月7日までに出すと考えられています。

  • 梅雨が明けたころから立秋の前日(年によって異なるが8月7日頃)まで
  • 二十四節気の小暑(7月7日頃)から立秋の前日(年によって異なるが8月7日頃)まで
  • 夏の土用の時期(立秋前の18日間)

一方で残暑見舞いは、立秋(8月8日頃)から8月末頃までに届くように送ります。

暑中見舞い・残暑見舞いの書き方

暑中見舞い・残暑見舞いの書き方は、4つのブロックから構成されています。ハガキや便箋の右から「①お見舞いの挨拶」「②時候の挨拶から始まる主文」「③結びの挨拶」「④日付」の順に書くとスムーズに書けます。

暑中見舞い・残暑見舞いの書き方

①お見舞いの挨拶

「暑中お見舞い申し上げます」「残暑お見舞い申し上げます」などのお見舞いの挨拶を書きましょう。このとき、句点は必要ありません。ほかの文字より少し大きめの文字で書きます。

②時候の挨拶から始まる主文

時候の挨拶から始まるメインの文です。文中には相手の安否を気遣う言葉や自分の近況・報告することなどを書きます

③結びの挨拶

相手の健康を願う言葉や気遣いの言葉を書いて全体を締めます。

④日付

2文字下げて書き始めましょう。詳細な日付は入れないのがポイントです。暑中見舞いの場合は「〇〇年盛夏」(例:令和3年 盛夏)、残暑見舞いの場合は「〇〇年晩夏」(例:令和3年 晩夏)と書くのが一般的です。

暑中見舞い・残暑見舞いの基本的なマナー

暑中見舞い・残暑見舞いの基本的なマナー

続いて、暑中見舞い・残暑見舞いの一般的なマナーと注意点をチェックしましょう。

まず、暑中見舞いと残暑見舞いを同じ相手に出さないこと。出す場合は、暑中見舞いか残暑見舞いのいずれかにします。暑中見舞い・残暑見舞いは手紙ではないので、「拝啓」「敬具」などの頭語や結語は必要ありません。

相手が喪中の場合は、文面やハガキや便箋の絵柄に配慮し、四十九日以後に送ります。暑中見舞いと残暑見舞いをいただき返事を出すときは、届いたという連絡と気遣ってくれた感謝の気持ちを伝えるためにも、早めに送ることが大切です。

また、暑中見舞い・残暑見舞いを上司や恩師などの目上の方に出す場合、「見舞う」という言葉は失礼にあたります。「お見舞い」という言葉を使わず「お伺い」と書きましょう。(例:暑中お伺い申し上げます など)

暑中見舞い・残暑見舞いのメッセージ文例集

ここでは暑中見舞い・残暑見舞いを書くときにオススメのメッセージ文例をご紹介します。一般的な文例はもちろんのこと、お見舞いをいただいた返事や目上の方や上司、ビジネス向けなどパターンや相手別に文例をチェックしてみましょう。

一般的な文例:暑中見舞い

暑中お見舞い申し上げます
日増しに暑さが厳しくなってまいりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。
おかげさまで私たちは暑さに負けず元気に過ごしております。
暑さ厳しい折、夏バテなどされませんようくれぐれもご自愛ください。
令和3年盛夏

一般的な文例:残暑見舞い・暑中見舞いの返事

残暑お見舞い申し上げます
ご丁寧に暑中見舞いをいただき、ありがとうございました。
立秋とは名ばかりで暑い日が続きますが、皆様元気にお過ごしのようで何よりです。
子どもたちは暑さに負けず毎日夏を楽しんでおり、家族一同元気に過ごしております。
暑さはまだ続きそうですが、皆様どうぞご自愛のうえお過ごしください。
令和3年晩夏

目上の方や上司に送る文例

残暑お伺い申し上げます
厳しい暑さが続いておりますが、ご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素は何かとお気遣いいただき、ありがとうございます。
今年は久しぶりに家族でのんびりでき、元気に過ごしております。
夏の疲れが出やすい頃ですので、どうぞご自愛くださいませ。
令和3年晩夏

ビジネス向けの文例

暑中お伺い申し上げます
猛暑が続いておりますが、皆様ますますご健勝のことと存じ上げます。
いつも格別のお引き立てにあずかり、厚く御礼申し上げます。
私どもも暑さに負けず日々精進してまいりますので、今後とも、ご支援、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
令和3年盛夏

まとめ

暑中見舞い・残暑見舞いはもらうと相手の近況もわかり、嬉しくなるもの。近年ではSNSやメールが主流にはなりましたが、想いの伝わる直筆での手紙のやりとりもまた大切にしたい習慣です。出す時期、マナー、書き方など迷う部分も多いですが、基本の書き方とマナーさえ押さえれば気負うことはありません。難しく考え過ぎず、相手を気遣い、日頃なかなか会えない方へ感謝の気持ちや近況を伝えましょう。

暑中見舞い&残暑見舞いを送ろう。マナーと書き方・文例メッセージ集
最新ギフト情報をチェックしよう!