「七夕」の由来とオススメの過ごし方。夏の風物詩にギフトを添えて季節を感じよう

「七夕」の由来とオススメの過ごし方。夏の風物詩にギフトを添えて季節を感じよう

7月7日「七夕」の日です。七夕とはどのような行事か、何を準備し、どうやって過ごしたら良いかわからないという方は意外と多いもの。そこで今回は、七夕の由来をはじめ、七夕を楽しく過ごすためのヒントを提案します。また、あわせて七夕の時期にオススメのギフトについてもご紹介します。

そもそも七夕とは?織姫と彦星の伝説

もともと日本には、着物を織って棚に備える「棚機(たなばた)」という行事が五節句のひとつとして行われていました。そこに中国から「乞巧奠(きこうでん)」という話が伝来し、日本の「棚機(たなばた)」と融合して現在の七夕になったといわれています。

「乞巧奠(きこうでん)」は織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)が登場する有名な伝説です。7月7日に2つの星が接近することにちなんで作られたといわれています。

神様の娘である織姫(おりひめ)は機織りが得意で働き者。神様は働き者の娘のために同じく働き者で牛飼いの彦星(ひこぼし)を引き合わせ、2人は愛し合って結婚しました。

結婚すると彦星(ひこぼし)が働かなくなってしまったので、怒った神様が2人を天の川を隔てて引き離すことに。しかし、あまりにも織姫(おりひめ)が悲しむので、年に1度、7月7日の七夕の夜だけは会えるようにしたというストーリーです。

七夕の過ごし方について

ここでは七夕にまつわる飾りや料理の意味をはじめ、楽しみ方やオススメの過ごし方についてご紹介します。

子どもから大人まで楽しめる七夕飾り

子どもから大人まで楽しめる七夕飾り

笹に短冊を飾る七夕飾りは、子どもの頃に作って飾ったという方も多いのでは。七夕の雰囲気が簡単に演出できるので、市販のものや手作りの飾りを飾るとよいでしょう。

そもそも短冊は、機織り上手な織姫(おりひめ)にちなんで、裁縫などの上達を願うものとして願いを書いたことが由来になっています。そして笹には短冊以外にも、さまざまなものを飾りますが、以下のような意味が込められているのです。

  • 折り鶴(千羽鶴)・・・長寿を願う
  • 吹き流し・・・くす玉や紙風船にたくさんのテープを付けた飾りで、裁縫の上達を願う
  • 編飾り・・・網に似せた飾りで、大漁を願う
  • 財布・・・紙で財布を作り、金運上昇を願う
  • 神衣(かみこ)・・・紙で人形を作り、着るものに困らないという願いを込める
  • くずかご・・・紙で作ったかごに、七夕飾りを作った紙くずを入れて倹約の心や物を大切にする心を育む

七夕の行事食を食べる

七夕の行事食を食べる

中国では、七夕に索餅(さくべい)という小麦粉で作ったねじり菓子を食べて無病息災を願う風習がありました。日本に伝わったときに、索餅(さくべい)の見た目がそうめんに似ていたので、そうめんが食べられるようになったといわれています。

七夕は五節句のひとつですが、五節句には季節のものや縁起の良いものを食べる習慣があります。祝い事を祝う食べ物として、ちらし寿司などを食べるのもよいでしょう。

七夕や星にまつわる場所に出かける

恋人や家族と七夕をテーマにしたホームパーティを行い、行事を楽しむ方が増えています。また七夕祭りなどのイベントやプラネタリウムなど、七夕や星にちなんだ場所に出かけても素敵です。

ただし、感染予防が必要な時期なので、イベントは主催の指示に従い、健康状態に応じて無理のないよう参加を判断することが大切です。出かける際や複数人で集まる際も感染予防に留意しましょう。

七夕の時期に見逃せない限定ギフト3選

七夕の時期に誕生日を迎える方やお世話になった方への、ちょっとしたお礼・手土産・差し入れなどにオススメのギフトをご紹介します。もちろん、自分へのご褒美など七夕の日のおやつとしてもぴったりです。

京菓匠 七條甘春堂「京羊羹 天の川」価格:1,080円(税込)

京菓匠 七條甘春堂「京羊羹 天の川」
出典:京菓匠 七條甘春堂公式サイト

1865年創業の京菓匠 七條甘春堂は、京都にある老舗の和菓子店です。七夕の世界観を羊羹に取り入れた「天の川」を毎年6月~8月に期間限定販売しますが、空の美しさを見事に表現していることから、映えスイーツとして毎年SNSで話題になっています。

伝統ある味わいでありながら、見た目のトレンド感もある人気商品です。店頭では6月1日から8月末頃までの販売、オンラインでは7月19からの受付になります。数量限定商品のため、期間を待たずに終了する場合もあるので注意しましょう。

Chocolat BEL AMER(ショコラ ベルアメール)「ショコラノワール スターライト」価格:1,296円(税込)

Chocolat BEL AMER(ショコラ ベルアメール)「ショコラノワール スターライト」
出典:Chocolat BEL AMER公式サイト

Chocolat BEL AMER(ショコラ ベルアメール)は「美しい(BEL)苦み(AMER)」をテーマにしている日本のチョコレートブランドです。6月25日から店頭に並んでいる「ショコラノワール スターライト」は七夕の夜空をイメージして作られたケーキです。

ブルーのラインや星型のチョコレートなどの飾りが夏の夜空に輝く星を連想させます。同じく七夕をイメージして作られた天の川デザインの「パレショコラ」などと組み合わせて手土産にするのもよいでしょう。

赤坂柿山「星はささやく」価格:1,620円(税込)

赤坂柿山「星はささやく」
出典:赤坂柿山公式サイト

1971年創業、東京赤坂に本店を構える赤坂柿山は、こだわりの米を使って作られたあられ、おかきの専門店です。期間限定販売の「星はささやく」は、大きさ違いの星型のおかきとカラフルな金平糖がセットになっています。おかきは年齢を問わずに楽しめるので、ギフトに最適。店舗は関東中心ですが、オンラインで注文することも可能です。

オリジナルの缶には星の星座が描かれています。食べ終わった後も何を入れようかワクワクするパッケージなので喜ばれるでしょう。

まとめ

季節を感じられる七夕は、これからも大切にしたい行事のひとつです。昔からの風習や伝統はありますが、特に決まったマナーや過ごし方はないので、天の川や星にちなんだ七夕の楽しみ方を見つけましょう。今年の夏は季節感が溢れるギフトで、大切な方と七夕を満喫してみてください。

「七夕」の由来とオススメの過ごし方。夏の風物詩にギフトを添えて季節を感じよう
最新ギフト情報をチェックしよう!