お中元を贈る時期やマナー・送り状は?知っておきたい基礎知識とおすすめギフトも

お中元を贈る時期やマナー・送り状は?押さえておきたい基礎知識とおすすめギフトも

「お中元」とは、お世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣を指します。しかし、お中元は地方によって贈るタイミングが異なることもあり、贈る時期やマナーがわからないという方は意外と多いもの。

そこで、お中元を贈る時期やマナーをはじめ、気になる予算や送り状、夏のご挨拶にオススメのギフトについてご紹介します。

お中元を贈るベストな時期とは?

お中元を贈るベストな時期とは?

まず、お中元を贈る時期は以下のとおり、地方によって異なります。

  • 関東・東北地方…7月1日~15日
  • 北海道・東海・関西・中国・四国地方…7月中旬~8月中旬
  • 北陸・甲信越地方…7月15日まで、または8月15日までに贈る地域がある。不明なときは7月15日までに贈るのがオススメ
  • 九州地方…8月1日~15日
  • 沖縄地方…旧暦のお盆の期間(毎年変動)

しかし、最近では百貨店などのお中元商戦などが6月頃から始まり、全国的に7月初旬から7月15日頃までにお中元を贈る傾向が見られます。

お中元の予算や相場は?

お中元の予算・相場は3,000円~5,000円程度だと言われています。
とはいえ予算は日頃の付き合いの程度で決めるのが一般的です。たとえば身内や友人には3,000円台、目上の方や上司には5,000円台というように予算を決めておくと商品選びがスムーズになります。

特別にお世話になった方には1万円以上のものを贈ることもありますが、あまり高価な贈り物は相手も気をつかうことになるので注意が必要です。

お中元を贈るときに気をつけたいマナー

お中元を贈るときに気をつけたいマナー

続いて、お中元を贈るときに押さえておきたいマナーやお中元を贈る相手についてご紹介します。

送り状と熨斗(のし)の選び方

お中元を贈るときは、送り状を用意するのが丁寧なマナーとされています。送り状とは、贈り物を近いうちに贈ることを伝える手紙やハガキのことです。送り状には時候の挨拶をはじめ、日頃のお礼や何をいつ頃贈るのかなどを書きましょう。

お中元の熨斗(のし)は、表書きに「お中元」と書きます。しかし、お中元の時期を逃してしまった場合は、7月16日~8月15日までは「暑中見舞い」8月16日~9月上旬は「残暑見舞い」とします。熨斗(のし)紙は、縁起ものとして一般的な紅白蝶結びの水引が描かれたものを使用します。

お中元を贈る相手が新盆や喪中の場合でも、お中元を贈ることはマナー違反にはなりません。ただし、熨斗や水引が印刷されていない掛け紙を使いましょう。

自分やお中元を贈る相手が四十九日のときは、四十九日が明けるのを待ってから贈り物をするのがマナーです。時期に合わせて「暑中見舞い」や「残暑見舞い」などの表書きで送ります。

お中元を贈る相手について

お中元はお世話になった方に贈るものなので、贈る相手に決まりはありません。一般的には両親(結婚している場合はお互いの実家)・親戚・仲人・上司・恩師などに贈ります。贈る相手は、日頃の付き合い、間柄、習慣によって異なります。

上司や取引先にお中元を贈るときは、儀礼禁止や贈答禁止など、会社の規定に反してないかを事前に確認をすることが大切です。
また、公務員は利害関係者から金銭や物品の贈与を受けることが禁止されているので、原則としてお中元は控えましょう。

お中元にオススメのギフト3選

お中元を贈る時期やマナーがわかったところで、お中元にオススメのギフトをご紹介します。暑い時期のお中元として、人気のスイーツ・素麺・飲料の3種からピックアップしました。

笹屋伊織「初夏のおすすめセット2」価格:3,154円(税込)

笹屋伊織「初夏のおすすめセット2」
出典:笹屋伊織公式サイト

笹屋伊織は1716年創業の京都の老舗和菓子店で、全国の百貨店でも取り扱いが多い人気店です。夏の涼菓として人気なのは、夏のモチーフが入った「涼の晴風」4種のゼリーと、くず餅の詰合せセットです。

りんご・レモン・マスカット・甘夏のゼリーと、くず餅・笹くず餅が2個ずつ入っています。金魚や朝顔など、夏のモチーフがゼリーのなかに閉じ込められて入っており、見た目がかわいらしくて涼やかです。味もさっぱりとした味をセットにしているので暑い時期にぴったりのスイーツといえるでしょう。

てのべ たかだや「全種の詰合せ (2束入り袋×15袋・スリーブ付)」価格:5,346円(税込)

てのべ たかだや「全種の詰合せ (2束入り袋×15袋・スリーブ付)」
出典:マル勝高田商店公式サイト

そうめんの本場である奈良県・三輪で、伝承の手延べそうめんの製造・販売を行う「マル勝高田商店」が、もっとカジュアルに素麺を食べて欲しいという思いから、素麺の新しい食べ方を提案するため立ち上げたのが「てのべ たかだや」です。

厳選された天然原料を使用して作られたつゆと麺は、化学調味料・保存料無添加。そうめんを中心にそばやパスタも販売しています。

「てのべ たかだや」の詰合せは、そのこだわりの麺類を全種類味わえる贅沢なセットです。2束入りの袋商品を5セット1段とし、3段重ねにしています。シックで洗練されたギフトセットなので、高級感があります。

深川珈琲「fukagawacoffee original アイスコーヒー瓶入り」価格:5,400円(税込)

深川珈琲「fukagawacoffee original アイスコーヒー瓶入り」
出典:深川珈琲公式サイト

深川珈琲は広島の府中町で30年以上続く、石焼自家焙煎で人気の老舗コーヒー店です。とくに深川珈琲オリジナルのアイスコーヒーのギフトは、暑い時期にも嬉しい贈り物。瓶入りで200mlの飲み切りサイズで、10本セットになっています。

お店で焙煎した豆を丁寧にネルドリップ抽出しているので、苦いのにすっきり飲めると評判です。無糖なので、お気に入りのシロップを入れたり、カフェオレにしたりなど、さまざまなアレンジが楽しめます。

まとめ

日頃の感謝の気持ちを伝えるお中元は、これからも大切にしたい習慣です。決まりごとが難しく敷居が高いような印象のあるお中元ですが、贈る時期と基本的なマナー、予算などを押さえておけば、誕生日などその他のプレゼントと同じように気軽に贈れる時候の挨拶です。
今回はお中元ギフトとして特に人気のスイーツ・素麺・飲料をピックアップしました。相手の好みなどを考慮して、喜ばれる素敵なギフトを贈りましょう。

お中元を贈る時期やマナー・送り状は?押さえておきたい基礎知識とおすすめギフトも
最新ギフト情報をチェックしよう!