「長寿祝い」はいつするの?還暦・古希・喜寿…それぞれの祝い方と人気のギフト

「長寿祝い」はいつするの?還暦・古希・喜寿…それぞれの祝い方と人気のギフト

還暦(60歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)、米寿(88歳)など、長寿のお祝いには種類がたくさん。長生きや健康への喜びと敬意が込められたこの機会に、ぜひ日頃の感謝の気持ちをしっかりと形にしましょう。今回は、長寿祝いの種類や由来、お祝いのマナーとともに人気のギフトをご紹介します。

【長寿祝い】お祝いする年齢は数え年?満年齢?

長寿のお祝いに関してよくある疑問が「数え年で祝うのか、満年齢で祝うのか」です。
数え年とは、東アジア諸国に古くから見られる年齢の数え方で、生まれた年を「1歳」として、その後は新年を迎えるたびに1歳ずつカウントしていくもの。満年齢は生まれた日を起点に「0歳」とし、以降1年ごとに1歳ずつ年を加えていくやり方で、現代においては公的にはこちらが採用されています。

古くからの風習である長寿のお祝いは、もともとは数え年の誕生日に祝うのが一般的でした。しかし、近年ではライフスタイルに合わせて満年齢でお祝いされることが多くなっています。ただし、「還暦」だけは現在でも数え年の61歳(満年齢60歳)でお祝いされています。その理由は、次の「【長寿祝い】それぞれの種類とその由来」の項目でご説明しましょう。

【長寿祝い】それぞれの種類とその由来

日本のしきたりでは、七五三や成人式など、人生のなかで節目となる年齢を迎えた方には特別なお祝いを行います。長生きされた方に対する長寿のお祝いも同様です。
長寿祝いは「賀寿」とも呼ばれ、それぞれ誕生日や敬老の日にお祝いをします。以下がその由来の一覧です。

還暦<かんれき>…60歳(数え年61歳)

干支とは、甲・乙・丙…から成る「十干」と、子・丑・寅…の「十二支」が合わさったもの。総称して「十干十二支(じっかんじゅうにし)」と呼びますが、これは60年で一巡するため、還暦とは60年で自分が生まれた年のもとの暦(干支)に還ってくる、という意味です。還暦に赤いちゃんちゃんこを贈るしきたりは、赤色が持つ魔除けの意味とともに、「再び赤ちゃんから生まれ直す」という意味があります。

還暦には「華甲」という別名もあります。「華」という漢字を分解すると、「十」の字が6個、「一」の字が1個で合わせて61となり、数え年での還暦の年齢になることにちなんだものです。「甲」は十干の1番目。昔の数え年でなければ伝わらないこの由来を尊重するため、満年齢を採用している現代では60歳での還暦のお祝いとなりました。

古稀<こき> …70歳

中国古代の二大詩人と言われる杜甫。彼の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出た言葉で、“70歳まで長生きするのは、めったにない珍しいこと”という意味です。

喜寿<きじゅ>…77歳

喜寿の「喜」の字を分解すると、七の文字が連なっているように見えるため。室町時代から、「喜寿」を祝う習慣が始まったと言われています。

傘寿<さんじゅ>…80歳

「傘」の字の略字が、分解してみた時に「八十」のように見えるため。

米寿<べいじゅ>…88歳

末広がりで、縁起が良い数字とされる「八」。米寿の「米」の字を分解すると「八」の字が2つ入っているため、日本で大切にされてきました。

卒寿<そつじゅ>…90歳

これも「卒」の字の略字である「卆」が、分解した時に「九十」に見えることに由来します

白寿<はくじゅ>…99歳

「百」の字から上の一を取ると「白」の字になるため、100歳の1年前である99歳でのお祝いという意味。

百寿・紀寿<ももじゅ・きじゅ>…100歳

百歳を意味する「ももじゅ」、または1世紀を表す「紀」という文字を使って「きじゅ」と呼ばれます。

茶寿<ちゃじゅ>…108歳

「茶」の字を分解すると、草冠が「十十」、その下が「八」「十」「八」に分かれ、それらをすべて足すと108になることから。

皇寿<こうじゅ>…111歳

「皇」の字に含まれる「白」が99歳(百から一を引いた漢字)。下の部分の「王」が一、十、一と分解できて、全部をあわせると111になることから。

大還暦<だいかんれき>…120歳

人生で2回目の還暦(60×2=120)という意味で、「大還暦」と呼びます。

【長寿祝い】日本百貨店協会が提案する「長寿お祝いの色」

日本百貨店協会では、「長寿お祝いの色」として以下のテーマカラーを提案しています。あくまでイメージカラーなので、この色だけに捉われる必要はありませんが、贈り物を選ぶ際のヒントにしてみるのもオススメです。

  • 還暦 →赤
  • 古稀 →藍色
  • 喜寿 →黄色
  • 傘寿 →オレンジ
  • 米寿 →ベージュ
  • 卒寿 →紫
  • 白寿 →白

このほか、日本百貨店協会では定年を迎える66歳のお祝いとして「緑寿(ろくじゅ)」を提唱しています。6(ろく)の語呂合わせで緑色がテーマカラー。定年退職の記念と併せてお祝いの機会にしても素敵ですね。

【長寿祝い】お祝いの仕方・マナーと予算・相場について

【長寿祝い】お祝いの仕方・マナーと予算・相場について

長寿祝いのお祝い方法は?

長寿のお祝いの仕方には、決められた作法はありません。

数の多い長寿祝いですが、還暦・古希・喜寿・米寿・白寿などが特に大きな節目と解されることが多いようです。これらの年には、以前では本人が主体となってお世話になった方を招き宴席を設けることが行われていました。しかし近年は、家族が中心となって身内だけで食事会を開き、記念のプレゼントを贈ることが一般的になっています。

長寿祝いのギフトの選び方と避けるべきアイテム

長寿祝い固有のルールはないので、基本的にはお祝いごとの贈り物と同様に考えれば問題ありません。以下のような品は避けましょう。

  • 「4=死」や「9=苦」など縁起が良くないとされる語呂合わせを含むもの(櫛<くし>など)
  • 葬儀や仏事を連想させるもの(菊などの仏花・白や寒色のみの花束・日本茶など)
  • 別れを連想させるもの(ハンカチなど)
  • 凶事を連想させるもの(包丁・ハサミといった刃物など)
  • 目上の方に贈るのは失礼とされるもの(靴・靴下・下着など)

もともと長寿祝いは、これからも元気に人生を楽しんでほしいという願いを込めて贈るもの。昨今では年齢を重ねていても若々しく健康的な方が増え、個人のライフスタイルも多様になりました。一生に一度の節目の年であるため、赤色や紫色のアイテムなどの「長寿祝いらしい」贈り物は記念になりますが、反面、年齢を強調しすぎると喜ばれない場合もあります。

贈る方の趣味や希望に合わせて、実用品や嗜好品も検討するのがオススメです。老眼鏡などの「老い」を強調するアイテムも、本人から希望がない限りは避けた方が良いでしょう。手書きのメッセージやお気に入りのお菓子、趣味にまつわるグッズなど、大切な方の想いに寄り添い、好みに合わせたギフトを選んでみてはいかがでしょうか。

長寿祝いのギフトの予算・相場

長寿祝いの金額に特に決まりはありませんが、一般的には1万~10万円の範囲で贈られることが多いようです。関係性によって相場は変わり、子どもから両親へは2~3万円孫から祖父母へは1~3万円親戚・知人・職場や仕事関係の場合は5,000~1万円が目安とされています。

【長寿祝い】オススメの人気・定番ギフト5選

輪島キリモト「上塗楕円箸」価格:各6,600円~(税込)

輪島キリモト「上塗楕円箸」
出典:輪島キリモト公式サイト

石川県輪島市にて、江戸時代から漆器の製造・販売に携わってきた「輪島キリモト」。数種類の鉋を使って1本1本丁寧に仕上げられた塗り箸は口当たりがよく、使うほど手に馴染みます。輪島の地元材であるヒノキアスナロを使用しており、漆ならではの上品な色と艶が特長です。ギフト用に化粧箱または桐箱を選択できるのも嬉しいポイント。

山田平安堂「寿恵広鉢 鶴亀」価格:11,000円(税込)

山田平安堂「寿恵広鉢 鶴亀」
出典:山田平安堂公式サイト

「山田平安堂」は1919年創業、宮内庁御用達の格式高い漆器メーカーです。「寿恵広(すえひろ)鉢」は末広がりの八の字形になることから名づけられているもので、長寿祝いとしてブランドで人気No.1の品。健康と長寿の象徴の「鶴」と「亀」が描かれた縁起の良いペアボウルは、「末永く、いつまでも元気でいてください」という思いを伝えてくれるはず。

日比谷花壇「アレンジメント『紅華』」価格:11,000円(税込)

日比谷花壇「アレンジメント『紅華』」
出典:日比谷花壇公式サイト

日比谷花壇が自信を持ってオススメする、和風モダンなアレンジメントです。美しい花色と個性的なフォルムは、インパクトのある華やかさのなかに繊細さと気品を併せ持っています。ゴージャスな胡蝶蘭とバラを中心とした、まるで着物の織柄を切り取ったかのような色合わせで、長寿祝いにぴったりの品です。

Hacoa(ハコア)「デジタルフォトフレーム 7inch」価格:18,150円(税込)

Hacoa(ハコア)「デジタルフォトフレーム 7inch」
出典:Hacoa公式サイト

デジタルフォトフレームに思い出の写真や動画を入れてプレゼントすれば、記念日にふさわしい世界に1つだけの贈り物になります。時間の経過とともに美しく風合いが変化する無垢材を使用したこちらのフォトフレームは、メープル、ウォルナット、チェリーから木材を選んで名入れやロゴ・イラストの刻印が可能です。色褪せない思い出を最高の宝物に。

香蘭社「(光琳鶴)半酒器」価格:27,500円(税込)

香蘭社「(光琳鶴)半酒器」
出典:香蘭社公式サイト

日本の3大焼き物の1つ有田焼の名窯で、創業300年の歴史を持つ宮内庁御用達メーカー・香蘭社。こちらは江戸時代中期に栄えた琳派を代表する作家・尾形光琳の図案をもとにした「光琳鶴」の酒器セットです。香蘭社ならではの格調高さと上品さに、美意識を感じられる風格あるデザイン。お祝いの席に映える上質な贈り物です。

まとめ

長寿・賀寿のお祝いは、本人にとっても、家族や周りの人にとっても一生に1度のものです。大勢の人と食卓を囲むことができなくても、メッセージを添えてプレゼントギフトを贈れば、思い出に残るものとなることでしょう。また、ギフトを贈る前、贈った後に電話やビデオ通話をすれば、より思いが伝わります。気軽に会いに行くことが難しい時だからこそ、日ごろの感謝やお相手を大切に想う気持ちをギフトに込めてみてはいかがでしょうか。

「長寿祝い」はいつするの?還暦・古希・喜寿…それぞれの祝い方と人気のギフト
最新ギフト情報をチェックしよう!