開店祝い・開業祝いのマナー&失敗しない祝花・プレゼントの選び方

開店祝い・開業祝いの定番「祝花」の種類

大切な方が新たに独立や起業をすることになったら、開店祝いや開業祝いでお祝いの気持ちを伝えませんか?
この記事では、友達や家族・親戚、職場の同僚・上司などへ贈る、開店祝い・開業祝いのマナーやプレゼントの選び方を解説します。併せてNGギフトやオススメの祝花も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

開店祝い・開業祝いの基礎知識

ここでは、開店祝い・開業祝いの品を手配する時期やその予算・相場、また贈る際の熨斗や祝花に付ける立札など基本となるマナーを解説します。

そもそも、開店祝い・開業祝いとは?

「開店祝い」とは、カフェなどの飲食店や、雑貨や服飾品といった品物を扱う販売店など、新たに“店舗”をオープンした人に贈るお祝いを指します。従って、これまで開いていたお店をいったん閉じて、のちにリニューアルオープンしたような場合も、開業祝いとしてお祝いすることになります。

新たに事業を起こした人や、所属先の会社から独立して新会社や新事務所を設立した人に贈るのが「開業祝い」です。会社を退職せずに新支店などを立ち上げた人にも、開業祝いを贈ることになります。病院や診療所、治療院・整体院などを開く場合は「開院祝い」となります。

開店祝い・開業祝いはいつまでに贈る?

どちらも開店・開業をする前に渡すのがマナーです。オープン直前は先方も多忙なことが多いため、忙しい時期を避けてなるべく1週間前までに渡すのがベストです。お祝い金や店内装飾に使える記念品を贈るなら、早いうちに贈ると準備に役立てられるので喜ばれます。プレオープンや開店記念のパーティーに招かれている場合は、その日に持参するのも◎。

ただしスタンド花やブーケなどの生花を贈る予定であれば、お花が傷んでしまうため開店・開業当日の朝1番に届けます。持ちの良い鉢花なら前日からOK。
開業が店舗ではなくオフィスの場合、引っ越しが開業直前になる場合が多いため、いつから受け取れるかを必ず確認しましょう。またいずれの場合も、受け取り日には大安や友引などの良い日にちを選んで送れるとベストです。

もし遅れてしまう場合は、開店・開業日から1ヶ月程度ならそのままお祝いが可能です。何ヶ月も大幅に遅れるのなら、開店・開業後のお祝いとして「祈御発展」という形で贈るか、1周年などの節目のお祝いに改めましょう。

開店祝い・開業祝いの気になる予算・相場について

他のギフトと同様に先方との関係性によっても変わってきますが、一般的な相場は1万~5万円と言われています。相手が家族の場合は2万~10万円、友人や知人の場合:5,000~2万円、取引先など仕事関係の方の場合は1万~3万円程度のことが多いようです。

開店祝い・開業祝いに添える熨斗や立札のマナー

開店祝い・開業祝いのマナー&失敗しない祝花・プレゼントの選び方

ご祝儀袋やかけ紙は、熨斗のついたものを使用します。水引は縁起の良い紅白・7本の「蝶結び」。表書きは「御開店御祝」「御開業御祝」または「御祝」とします。「開店祝い」「開業祝い」などの4文字の表書きは「四=死文字」とされ、縁起が良くないので注意しましょう。贈り主の名前は、お祝い内容よりやや小さめの文字で記します。

花や観葉植物の鉢植え・アレンジメント・スタンド花を贈る場合は、長方形の立札を立てて贈ります。フォーマルなお祝いには紙札よりも木札が良いでしょう。縦書きと横書きはどちらでもOKですが、お祝い文言に加えて依頼主・届け先の店舗や事業所・クリニック名を記載するのが一般的です。記載を代行してくれるお花屋さんもあるので、事前にチェックしておくのがオススメです。

開店祝い・開業祝いはNGギフトに注意

開店祝いや開業祝いとして贈るのにふさわしくないギフトもあるため、注意しましょう。

  • 赤い花、赤いもの・・・「赤字」や「火事」を連想させて縁起が悪い(お店のイメージカラーになる場合はOK)
  • キャンドル・暖房器具等・・・「火」「火事」を連想させて縁起が悪い
  • マット・スリッパ・・・「踏みつける」意味があり失礼となる
  • 時計・・・時間を忘れて楽しんでほしいお店(スナック・バー等)だと使ってもらえない場合がある
  • 壁に穴を開ける室内装飾品・・・オープンしたばかりの新しいお店やオフィスに傷をつけることになる

開店祝い・開業祝いの定番「祝花」の種類

開店祝い・開業祝いの定番「祝花」の種類

開店祝い・開業祝いの定番は、昔から「お花」です。華やかでお祝いの気持ちを表現しやすく、店舗の客引きやインテリアづくりにも役立つため一石二鳥のアイテム。ここではお祝いに選ばれる祝花の種類をご紹介します。

胡蝶蘭や観葉植物

胡蝶蘭や観葉植物は高級感があり縁起も良いだけでなく、花粉が散って周囲を汚したり、香りが邪魔になる心配がないため、飲食店やクリニックをはじめとした開店・開業祝いに人気です。主要な品種が持つ花言葉は以下を参照してください。

  • 胡蝶蘭:「幸福が飛んでくる」
  • ガジュマル:健康
  • サンスベリア:永久、不滅
  • ドラセナ:幸福
  • パキラ:快活、勝利
  • ポトス:永遠の富

胡蝶蘭の場合、1つの鉢に寄せ植えされている花茎の本数は「3本立て」もしくは「5本立て」が人気。本数が多いほどお花の数も多くなり豪華な印象になりますが、お祝いごとには奇数が縁起が良いとされているため、3・5・7本立てのいずれかで贈ります。

胡蝶蘭・観葉植物ともに大小さまざまなサイズがあるため、先方の置き場所に配慮して選ぶことが大切です。お金をかけて華やかで大きなものを選ぶことが、必ずしも良いお祝いギフトになるとは限りません。また、なるべくお店やオフィスでの手間を増やさないよう、手入れが簡単なものを選ぶことも意識しましょう。

アレンジメント・プリザーブドフラワー

花粉の心配をしなくても良いときはアレンジメントもオススメです。華やかなインテリアとして長く楽しんでもらいたいなら、プリザーブドフラワーを選びましょう。どちらも、店舗・オフィスのイメージや予算に合わせて作れるのが利点です。
生花アレンジの場合は日持ちがしないため、飾る期間を考慮して贈ります。花持ちの目安は3日~1週間です。

花輪やスタンド花

花輪やスタンド花は、軒先や店内をさらに豪華に彩るものを贈りたい場合に選びます。人目を引くため、オープン告知や集客にも役立ててもらえます。こちらもさまざまなサイズがあるため、設置スペースの大きさを事前に聞いておくと失敗しにくいです。

花以外でオススメの開店祝い・開業祝い

ここからは、お花以外にオススメの開店祝い・開業祝いのプレゼントをご紹介します。

現金・商品券

現金や商品券は、先方の都合で好きなものを選んでもらえるため利便性が高く、喜ばれる贈りものです。オープンの資金や準備に役立ててもらえるだけでなく、お祝い品が重複しないようにという配慮としても◎。一般的に現金によるお祝いは目上の人にはタブーとされますが、開店祝い・開業祝いについては失礼には当たりません。

スイーツやお酒

形式ばらない気軽なお祝いを考えているなら、スタッフみんなで分け合って食べてもらえるようなお菓子の詰め合わせを贈るという選択肢もあります。お祝いには外せないシャンパンやワイン・日本酒などのお酒もオススメ。パーティー等のお披露目の場では樽酒も選ばれていますが、こちらはお花の場合と同様、サイズが大きいため設置スペースの有無など先方都合を事前に確認すること。

家電やインテリア、縁起物

先方の意向を確認できる間柄であれば、開店・開業に役立つ家電やインテリア、縁起物の品もオススメです。掃除機や空気清浄機といった家電はお店やオフィスで役立てられます。また招き猫やフクロウを取り入れたインテリアも縁起物として人気。既に用意していたり、お店の雰囲気とマッチしなかったりする場合があるため、必ず先方の希望を確認してから準備を。

開店祝い・開業祝いに人気のギフト3選

ここからは、開店祝い・開業祝いにオススメの代表的なギフトを3つご紹介します。

日比谷花壇「西澤デザイナー・アレンジメント」価格:33,000円(税込)

日比谷花壇「西澤デザイナー・アレンジメント」
出典:日比谷花壇公式サイト

日比谷花壇トップデザイナー・西澤真実子氏が手掛ける生花のアレンジメント。季節のスプレーバラやアジサイ、ファレノ(ラン)などをふんだんに使い、柔らかな色調でアート感あふれるデザインに仕上げました。ヴィンテージ風のスチール花器を用い、エレガントで優雅な雰囲気です。カウンターなどに置いても目を引き、飾りやすいサイズ感です。

日比谷花壇「胡蝶蘭(ホワイト)3本立ち」価格:33,000円(税込)

日比谷花壇「胡蝶蘭(ホワイト)3本立ち」
出典:日比谷花壇公式サイト

日比谷花壇のバイヤーが自信をもってオススメする、高品質な胡蝶蘭を3本立ちにした鉢植えです。純白の花は凛とした佇まいで、美しいだけでなく迫力・ボリューム感ともに申し分のない逸品。オリジナルのラッピングペーパーで包装し、お祝いごとに最適の品となっています。

プレゼントワインショップ®「シャトーヌフ・デュ・パプ 紅白セット」価格:18,700円(税込)

プレゼントワインショップ®「シャトーヌフ・デュ・パプ 紅白セット」
出典:プレゼントワインショップ®公式サイト

14世紀にカトリックの法王庁が移され、ローマ教皇による支配が100年間続いたフランスのコート・デュ・ローヌ地方で作られたことから「シャトーヌフ・デュ・パプ=法王の新しい城」という名を持つ赤白ワインのセット。楽しみ方が記されたワインカードやお気に入りの写真にメッセージを添えられるフォトカードが付属し、新たに1城の主となった方への開店・開業祝いにふさわしい贈り物となっています。

まとめ

周りの方が独立・企業した際に贈る開店祝い・開業祝いについて、マナーやプレゼントの選び方をご紹介しました。新たにお店や事業をスタートさせることは、非常に大きな転機です。親しい友人や家族、これまで共にがんばってきた同僚や、仕事上でお世話になった方など、大切な方の新たな門出には、精いっぱいの想いを込めたエールを贈りたいもの。ぜひこちらの記事を参考に、人生の節目に華を添える喜ばれるギフトを贈ってみてください。

開店祝い・開業祝いの定番「祝花」の種類
最新ギフト情報をチェックしよう!