【結婚の挨拶】手土産のマナーは?和菓子・洋菓子・お酒…オススメ商品

【結婚の挨拶】手土産のマナーは?和菓子・洋菓子・お酒…オススメ商品も

2人の間で結婚の意思が確認できたら、両親への結婚挨拶をするため準備を始めます。このとき欠かせないのが「手土産」です。そこで結婚の快諾をしてもらえるよう、結婚挨拶に持っていく手土産の基本的なマナーと、オススメの手土産をご紹介します。

今さら聞けない!結婚の挨拶に渡す手土産のマナー

両親への結婚挨拶に持参する手土産は、相手の好みに合いそうな品を準備すると好印象を得られるでしょう。実家の近くで購入すると、慌てて用意した「間に合わせ」のような印象を与えてしまう恐れがあるため、事前の準備が肝心です。

一般的に、日持ちする菓子折りや果物、お酒などが選ばれています。パートナーと地元が異なる場合は、地元の銘菓や名産品、地酒なども喜ばれるでしょう。味を知っているものであれば安心して渡せるうえ、当日の話題作りにも役立ちます。

結婚挨拶の手土産にかける予算は、相手の負担にならない程度の金額が基本です。相手へ「お返しをしないと」と気遣いをさせないよう、5,000円程度を目安にしましょう。

品物にはのし紙がなくてもマナー違反ではありません。ただし、きちんと梱包された品物のほうが丁寧な印象を与えます。和菓子の手土産には「無地のし」がオススメです。

挨拶当日…手土産の正しい渡し方は?

挨拶当日…手土産の正しい渡し方は?

いよいよ結婚挨拶当日になって「どのタイミングで手土産を渡せばいいのだろう」と焦ってしまったというエピソードも聞かれます。落ち着いた対応で好印象を得られるよう、手土産の正しい渡し方もここで押さえておきましょう。

手土産を渡すのにふさわしいのは、客間に通されて挨拶を済ませたあと、座る前のタイミングです。品物は必ず紙袋から取り出しましょう。リボンやのし紙が正面になるよう相手へ向けて、両手で渡します。

このとき「お口に合えばいいのですが」、「好物だと伺いましたので」といった気の利いた一言を添えましょう。「つまらないものですが」と添えるのは、へりくだり過ぎる印象を与えかねません。謙虚でありながら素直な気持ちを伝えると、挨拶の場も和みます。

【結婚の挨拶】オススメの手土産3選

お相手の両親へ渡す結婚挨拶の手土産は、相手の好みをリサーチしたうえで、選ぶことが肝心です。最近ではどのような商品が人気を集めているのかご紹介します。

パティスリー パブロフ「オリジナルアソート&クグロフ(11個入)」価格:3,200円(税込)

パティスリー パブロフ「オリジナルアソート&クグロフ(11個入)」
出典:パティスリーパブロフ公式サイト

箱を開けた瞬間、華やかさで気分がアップするような手土産といえば、パティスリーパブロフの「オリジナルアソート&クグロフ(11個入)」。パティスリーパブロフは、横浜元町に生まれたパウンドケーキ専門店です。結婚式の引き菓子を原点としていて、華やかな見た目としっとりなめらかな食べ応えが人気を集めています。

「オリジナルアソート&クグロフ(11個入)」は、色とりどりのオリジナルアソートとクグロフが詰め込まれた逸品。一箱で、豊富な味わいを楽しめるのも魅力です。普段から鮮やかなスイーツや、かわいいお菓子を好んでいるのであれば喜ばれるはず。箱を開けると目に飛び込んでくる色とりどりのお菓子は、見る人の心まで明るくするでしょう。

薄井商店「高島屋オリジナル 白馬錦 純米大吟醸 金箔入り」価格:5,500円(税込)

薄井商店「高島屋オリジナル 白馬錦 純米大吟醸 金箔入り」
出典:高島屋オンラインストア

お酒を嗜むご両親であれば、特別な日を記念する日本酒のプレゼントも喜ばれています。「白馬錦 純米大吟醸 金箔入り」は、華やかな香りと口当たりまろやかな長野県の日本酒に、大きな金箔を散りばめられているのが特徴。酒造は明治39年より、北アルプスの麓でお酒を造り続けている「白馬錦」です。水の恵みや山々を大切にする理念が、まろやかで美味しいお酒にも反映されています。

古くからお祝いのシーンに欠かせない日本酒が華やかに彩られていて、2人の「結婚」を家族で祝福するのに相応しいでしょう。歴史ある百貨店「日本橋高島屋」のオリジナル商品でもあるため、プレミアムなプレゼントとして好まれています。

とらや「京都限定 雲居のみち 12個入」価格:2,808円(税込)

とらや「京都限定 雲居のみち 12個入」
出典:高島屋オンラインストア

羊羹で有名な「とらや」から登場した「京都限定 雲居のみち 12個入」なら、上品な味わいをたっぷり楽しめるでしょう。創業500年もの歴史を誇る「とらや」は、天皇御用達の菓子屋として和菓子を作り続けてきたこともあり、両親への結婚挨拶にもぴったり。

こちらの「京都限定 雲居のみち 12個入」は、その昔、御所への道を行きかっていた御所車をモチーフとしたお菓子です。卵の風味たっぷりの桃山生地に、自家製のこし餡がぎゅっと詰められた品のある焼き菓子として注目されています。

そもそも「雲居」とは、空の雲ほど遠い高見にあることから、天皇の住む御所を意味しています。そんな格調高い由来と、京都エリア限定のプレミアム感が喜ばれるポイントでしょう。

まとめ

結婚の挨拶は、人生のなかでも特別に緊張するイベントです。結婚後の将来像を2人で話し合っておく、当日着ていく服装を選ぶ、といった準備と一緒に、手土産も用意しておきましょう。マナーを確認し、心を込めて丁寧に選んだ手土産は、両親の心も和やかにしてくれるはずです。

【結婚の挨拶】手土産のマナーは?和菓子・洋菓子・お酒…オススメ商品も
最新ギフト情報をチェックしよう!