2021年の母の日はいつ?今から準備したいギフトのマナーと想いを伝えるおすすめプレゼント

母の日のプレゼント

皆さんは今年の「母の日」がいつか、ご存じでしょうか。暦に応じて毎年変わる母の日ですが、2021年は5月9日(日)です。
母の日は、お花やギフトを贈ることを通じて、お母さんに「いつもありがとう」という感謝の気持ちを伝えるチャンス。また今までのように気軽に帰省もしづらい現在では、離れて暮らすお母さんとの大切なコミュニケーションの場でもあります。
今回の記事では、直前になってから慌てないように、今からチェックしておきたい母の日の由来や贈答マナーに関する知識・おすすめギフトについてご紹介します。

母の日の由来とは?

母の日のプレゼント

「母の日」とは、お母さんの日ごろの苦労をねぎらい、感謝の気持ちを伝える日。その由来は、20世紀初頭のアメリカに遡ります。

1907年5月12日、アメリカ・フィラデルフィアの教会で、ある女性が亡き母を追悼するため、母の好きだった白いカーネーションを捧げました。
女性の名前はアンナ・ジャービス。彼女の母であるアン・ジャービスは社会活動家で、南北戦争時には「母の仕事の日(Mother’s Work Days)」と称し、敵味方を問わず負傷兵の看護や衛生環境の向上などに尽力した人物です。娘アンナの追悼は、女性の地位がまだ低かった時代に行われたこの功績を記念するとともに、「アン個人のみを称えるのではなく、 “母”を持つ1人1人が、お母さんという存在を敬い感謝する日に」という想いが込められたものでした。

アンナの呼びかけは多くの人の心を動かして各地へ広がり、1914年にはアメリカ議会にて5月の第2日曜日が「母の日」として正式に制定されました。日本でも第2次大戦後の1949年頃から、アメリカに倣う形で母の日が執り行われています。
なお、白い花は亡くなった人を偲ぶ意味合いを持つため、アメリカではお母さんが存命の場合は、赤いカーネーションを用いるようになりました。現代の日本では、「母への愛」という花言葉を持つ赤いカーネーションを主なシンボルとしています。

母の日ギフトの贈答マナーとは?

母の日にプレゼントを贈る場合、ギフトとしていくつか注意すべきマナーがあります。感謝の気持ちをしっかり伝えたいなら、きちんとした贈答マナーを踏まえることが大切です。

ギフトにふさわしいものを贈る

お母さんの好きなものや普段から欲しがっているものをリサーチし、好みに合わないものは避けましょう。当たり前のことですが、健康に悪影響が出るものや不謹慎なものはギフトとしてNGです。
また、音の響きが「苦死(くし)」に繋がる櫛、別れの象徴であるハンカチなどの縁起が悪いとされるものは、お母さん本人から敢えて希望がある場合を除いては避けるべきでしょう。
定番のカーネーションでも、故人に捧げる白色や、ギフトにふさわしくない花言葉を持つ黄色のものには注意が必要です。

ラッピングや熨斗(のし)を忘れずに

身内へのギフトでも、剥き出しの状態で贈るのはNG。ラッピングで包んだり、縁起のよい紅白蝶結びの熨斗(のし)に「御祝」の表書きをつけるなど、きちんと整った状態で贈りましょう。
また、感謝の想いを伝えるには手紙が1番。一言でもOKなので、カードや包装紙になるべく手書きのメッセージを添えるのがオススメです。

母の日に贈りたいおすすめギフト

それでは、母の日の由来や贈答マナーを踏まえて、オススメのギフトを4つ紹介します。

日比谷花壇「母の日 アレンジメント ロゼボヌール」価格:5,500円(税込)

日比谷花壇「母の日 アレンジメント ロゼボヌール」
出典:日比谷花壇公式サイト

日比谷花壇は1872年創業の歴史を持つブランド。母の日の定番である赤色を中心に、大輪のカーネーションと鮮やかなピンクのバラを組み合わせたフラワーアレンジメントは、溢れるほどの「ありがとう」の想いを伝えてくれます。花色が映えるライトブルーの花器とのコントラストも美しく、5月の美しい陽気に“映える”贈り物となります。感謝の言葉を伝えられる母の日専用メッセージカード付き。

おいもや「竹かご&風呂敷スイーツセット」価格:3,229円(税込)  

おいもや「竹かご&風呂敷スイーツセット」
出典:おいもや公式サイト

「おいもや」はその名の通り、お芋を使った季節のスイーツを展開している静岡県の専門店です。こちらは地元の名産である静岡緑茶に加えて、和菓子職人がこだわり抜いて作ったふわとろポテト大福に芋ようかん、どらやき、スイートポテト、ロールケーキがぎっしり詰まった充実のセット。楽天ランキング常連の人気スイーツを一度に楽しめます。おしゃれな竹かごと風呂敷に加えて、こちらも母の日メッセージカード付き。

récolt(レコルト)「ソロブレンダーソラン」価格:4,400円(税込)

récolt(レコルト)「ソロブレンダーソラン」
出典:レコルト公式サイト

レコルトは2009年に日本で生まれたデザイン家電のブランド。ホットプレートやマルチクッカーなど、キッチン家電を中心に日々の暮らしをいっそう充実させてくれるお洒落なプロダクトを多数販売し、人気を得ています。こちらは野菜やフルーツを使ったスープやスムージー、ドレッシング・ソースを簡単に作れるブレンダー。用途に応じてボトルやキャップを使い分けることで、保存や持ち歩きも簡単に行えます。コンパクトでかわいらしいデザインなので、キッチンのインテリアとしても◎。

THERMOS(サーモス)「真空断熱メッセージタンブラー MG-02 420ml」価格:2,547円(税込)

THERMOS(サーモス)「真空断熱メッセージタンブラー MG-02 420ml」
出典:サーモス公式サイト

高度な金属加工技術と厳重な品質管理によって製造された2重構造のステンレスボトルで優れた保温・保冷機能を実現し、魔法びんのパイオニアとして知られるサーモス。「Thank you」のメッセージを添えた直営店限定デザインは、日ごろの感謝を気持ちを伝えるのにぴったりのギフトアイテムです。外側が熱くならず結露しにくい、飲みごろ温度をキープできるたっぷり容量のタンブラーは、これからの季節の必需品です。

まとめ

母の日の由来や贈答マナーに関する知識と、オススメのギフトについてご紹介しました。2021年の母の日は、谷間の平日を挟んで、ゴールデンウィークの終盤にあたる日曜日。感染症の流行で帰省や食事会などが難しい方もいらっしゃると思いますが、こんな時だからこそ「いつもありがとう」「元気でいてね」の気持ちを伝えるベストなギフトを、今からじっくりプランを練って贈ってみてくださいね。

母の日のプレゼント
最新ギフト情報をチェックしよう!