リモート時代の卒業・入学祝いに!離れていても気持ちが伝わるオンラインサービス活用法

リモート時代の卒業・入学祝いに!離れていても気持ちが伝わるオンラインサービス活用法

春は卒業と入学のシーズン。家族や親類・友人や、その家族といった大切な方が人生の節目を迎える際は、お祝いメッセージを贈って祝福の気持ちを伝えたいですよね。
とはいえ世の中は昨年から続くコロナ禍にあり、仲間や家族同士で集まったり、直接会ってお祝いすることは未だ難しい状況です。そこで今回は、直接会えない相手にお祝いの気持ちを伝えるための便利なツールと、メッセージを書く際のコツをご紹介します。

関連記事

2月の終わりから3月にかけては卒業のシーズン。卒業を控えている大切な人に気持ちを伝えたいけれど、どうしたらいいのか悩んでいる方のために、今すぐ使える卒業祝いメッセージの文例をご紹介します。さらに書き方のコツや、気持ちが伝わるメッセージ入りギ[…]

卒業のメッセージ

入学や卒業のお祝いメッセージを書く際のポイント

入学や卒業のお祝いメッセージを書く際は、以下の要素を含める内容が一般的です。

・時候の挨拶
・お祝いの言葉
・お相手の将来について
・結びの言葉

とはいえ、お礼状などとは違って、あまり堅苦しすぎたり長すぎてもよくないので、受け取る側が親しみを感じられる程度に、相手との年齢や関係性によって相応しいものをいくつかをピックアップして構成するのがオススメです。

ここでもっとも頭を悩ませられるのが、「お相手の将来について」の部分でしょう。このパートには以下のポイントを踏まえ、盛り込んで文章を作成しましょう。

・未来への期待や希望が高まり、読んでいてポジティブになる内容を書く
・贈る相手の、これまでの努力や長所を褒める
・新生活で新しく始まること、できるようになることを応援する
・友人同士・親子・親戚関係など、相手との関係性を考慮した上で内容や言葉遣いを選ぶ
・できれば、贈る相手との思い出など具体的なエピソードを絡めて
・あまり長々と書かず、伝えたいことは簡潔にまとめる

気を付けたいのは、「落ちる」「終わる」「負ける」「無くなる/失う」「止(辞)める」といったネガティブな印象を持つ言葉を使用しないこと。お祝いの場面では相応しくないので、仮に相手を褒める内容であっても別の言葉や内容に言い換えるようにしてください。

オンラインで完結!お祝いメッセージを送れるサービス

メッセージを伝える手段は、今や紙の手紙や色紙だけではありません。ここでは、コロナ禍でなかなか会う機会が持てない場合でも、大切な人へお祝いの気持ちを伝えることができる、便利なオンラインサービスをご紹介します。

yosetti「オンライン寄せ書き」 価格:2,948円〜(税込)

yosetti「オンライン寄せ書き」
出典:yosetti公式サイト

インターネットを通じて、それぞれ離れた場所からいつでもメッセージを集められるオンライン寄せ書きサービス。寄せたコメントはすべて、京都の老舗色紙屋さんで仕立てられた高品質な色紙にプリントし、専用ケースにいれて届けてもらえます。写真を載せる場合も、手元のスマホやPCからアップロードして配置するだけ。気軽にデザイン性の高い、豪華な寄せ書きを作って贈ることができます。

meseca「オンライン寄せ書きメッセージカード」価格:無料

meseca「オンライン寄せ書きメッセージカード」
出典:meseca公式サイト

こちらもオンライン寄せ書きですが、豊富に用意されたおしゃれなテンプレートから好みのデザインを選び、写真を載せながらその人だけの専用サイトを作成してLINEなどのSNS上から贈るサービスです。寄せ書き可能な人数は最大100人まで。Googleなどの検索エンジンにもヒットせず、URLを知っている人だけで共有できるので安心です。色紙と違ってネット環境があればいつでも閲覧できるため、春からの新生活に向けて荷物を増やしたくない方にもオススメ。

photoback「L判サイズのフォトブック|POCKET」価格:1,100円〜(税込)

photoback「L判サイズのフォトブック|POCKET[ポケット]」
出典:photoback公式サイト

思い出の写真を1冊のフォトブックにまとめてプレゼントできるサービス。ポケットに入れて持ち歩けるコンパクトなL判サイズなので、引っ越し先などに持っていく際にも負担になりません。スマホで撮った写真も、専用のアプリで自由自在に加工できます。お世話になった先輩へ、後輩からの卒業祝いとして贈るのも素敵ですね。

SNSを通じて簡単に贈れる!喜ばれるソーシャルギフト

「ソーシャルギフト」とは、メールやSNSなどオンライン上で連絡を取ることのできるサービスを使うことで、相手の住所を知らなくても気軽にプレゼントを贈ることのできるサービスを指します。
直接会ってプレゼントを渡すことが難しい現在、オンライン寄せ書きだけでは寂しいなと感じるときは、ソーシャルギフトを添えてみてはいかがでしょう。

日比谷花壇「eGift」 価格: 660円〜(税込)

日比谷花壇「eGift」
出典:日比谷花壇公式サイト

こちらは贈りたいお花の種類とデジタルカードのデザインを選択して、決済後に表示されるカードURLをメールやSNSを通じて相手に知らせ、相手が最寄りの日比谷花壇店舗でカードを提示するとお花を受け取ることのできるサービス。お祝いのプレゼントの定番といえばフラワーギフトですが、これまで当日に手渡しでなければ難しかったお花も気軽にプレゼントすることができます。

MOO:D MARK by ISETAN「ソーシャルギフト」 価格:264円〜(税込)

MOO:D MARK by ISETAN「ソーシャルギフト」
出典:MOO:D MARK公式サイト

「MOO:D MARK(ムードマーク)」は、1886年創業の老舗百貨店である伊勢丹が取り扱い商品の中から特にギフト向きのアイテムを選りすぐって揃えたECサイト。ソーシャルギフト対応商品の数も多く、贈答品の定番であるグルメ・スイーツや酒類、ファッション、インテリアから、カタログギフトまで幅広いジャンルから選ぶことができます。トレンドを抑えたセレクトに定評のある名門百貨店ならではの格式で、目上の方にも安心して贈ることができるのが利点。

対面せずに飲み会できる!オンライン食事会向きデリバリーサービス

大人数で集まって会食することはすっかり難しくなった今ですが、卒業・入学のお祝いや送別会として、親しい方と一切食事ができないのは悲しいですよね。
居る場所は違っても、同じ時間に同じ食事を摂りながらする会話は大切なコミュニケーションであり、思い出の1つ。ここでは、オンライン食事会向きのデリバリーサービスをご紹介します。

ごちクル「deli BOX」 価格:1人あたり1,500円〜(税込)

ごちクル「deli BOX」
出典:ごちクル公式サイト

日本全国の自宅や職場に同じ料理を冷蔵便で宅配してくれるケータリングサービス。季節の御膳やアフタヌーンティーBOX、スイーツ盛り合わせ、アンティパストの詰め合わせなど豊富なメニューから選べ、ドリンクやスープなどのサイドメニューも充実。アレルギーの方のメニュー変更やビーガン・ハラル食への対応も可能で、気軽に、かつ安心してオンライン食事会を楽しめるようになっています。

塚田農場「家飲み便」 価格:1人あたり3,000円〜(税込)

宮崎県日南市の特産である地鶏をメインに、地元の高品質な食材を使った食事に定評のある居酒屋チェーン・塚田農場。その料理を最短2日でお取り寄せし、レンジで温めるだけで本格的な飲み会を始められるデリバリーサービスです。子どもからお年寄り、お酒が飲めない方まで楽しめる幅広いメニューは最大300人分を同日提供可能で、大規模な送別会でもOKです。

まとめ

入学や卒業のお祝いを伝えるオンラインサービスと、気持ちが伝わるメッセージを書くコツをご紹介しました。リモート時代であっても人生の大切な節目であるイベントをお祝いする気持ちに変わりはありません。大切な人に向けて、ぜひ素敵なメッセージを送って一生の思い出を作ってくださいね。

リモート時代の卒業・入学祝いに!離れていても気持ちが伝わるオンラインサービス活用法
最新ギフト情報をチェックしよう!