2021年の節分は2月2日!節分をより楽しめるオススメのギフト3選

2021年の節分は2月2日!節分をより楽しめるオススメのギフト

2021年の2月2日は節分の日。節分は厄除けや無病息災を祈って鬼のお面をつけ、皆で豆まきをしたり恵方巻を食べたりする楽しい伝統行事です。家族や地域全体で楽しむことも多いイベントですが、その詳細なしきたりや起源などはあまり知らなかったりするもの。

そこで今回は、知ればきっと誰かに話したくなる節分の豆知識と、家族で楽しめる節分ギフトをご紹介します。

誰かに話したくなる、「節分」の豆知識

それでは、節分の起源・由来や時期、なぜ豆まきをするのか、恵方巻が食べられるのかといった豆知識をご説明します。

そもそも、節分の始まりは?

節分とは、季節の移り変わりを掴むために設けられた暦日で、各季節の始まりである立春・立夏・立秋・立冬の前日のこと。江戸時代以降は、旧暦で1年の始まりとされていた立春の前日を指すようになりました。

古来、日本では季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていました。もとは中国の年越しの風習を基礎とする悪霊払いの追儺や鬼遣といった宮中行事が、時代を経るごとに庶民の文化に取り入れられ、災いを家に入れないための儀式として広まったものです。

2021年の節分は2月2日!1日早まるのは124年ぶり

節分の日は立春の前日であるため、立春の日に応じて変化し、固定ではありません。今年の立春は2月3日。従って、節分は2月2日になります。

地球の公転周期は約365.2422日と、1年間とされている365日から微妙にずれているので、暦にずれが発生することがあります。基本的に立春は2月4日のことが多いのですが、2021年はこの暦のずれの影響で立春も節分も1日ずつ早まりました。

節分が2月3日でなくなるのは、1984年以来、37年ぶりのこと。さらにその年は2月4日が節分であったため、最後に2月2日に節分が訪れた年は、なんと124年前の1987年だったそうです。

節分に豆まきをするのはなぜ?

豆は、米・麦・ヒエ・アワと併せて「五穀」と呼ばれ、昔から日本人の生活に欠かせない食物でした。そのため、穀物には生命力と魔除けの力が備わっているという穀霊信仰が生まれて神事に使用されるとともに、中でも豆と米は特に神聖な存在として重用されてきた歴史があります。

また、「まめ」という音は鬼を滅する「魔滅」に通じ、「鬼は外」「福は内」と唱えながら鬼に豆を投げつけることにより、邪気を追い払い、その年の無病息災を願うという意味合いがあるとも言われています。

豆を撒いた後は、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べます。さらに、自分の年齢の数より1つ多く食べることで、体が丈夫になり風邪をひかないとも言われています。

ただし、5歳以下のお子さんと一緒に豆まきをする際は、豆は食べさせないように注意しましょう。小さな子どもは噛む力が弱く喉も未発達であるため、誤嚥で気管に物が詰まりやすい状態。硬い豆やナッツ類は、窒息や炎症などを起こす危険性が特に高いものです。消費者庁からも毎年のように注意喚起が出ていますので、留意しておくことが必要です。

節分に恵方巻を食べるのはなぜ?

恵方巻

恵方巻とは、節分の日に、その年の歳神様が在し縁起が良いとされる方位(恵方)を向いて食べる太巻寿司のことです。

縁起物であるため、運や縁が切れることのないよう太巻は包丁で切ってはいけません。1人あたり1本丸ごと食べ、その間はよそ見をせずに恵方だけを見ます。また、食べている間は誰とも会話をしないのがポイント。声を出してしまうと運が逃げてしまうため、黙っていることがご利益を得る秘訣だそうです。

恵方巻は比較的新しい風習で、起源には諸説あります。一説には、1960年頃に大阪で事業者によるキャンペーンが盛り上がりを見せ、主に関西地方で定着したのだとか。その後、大手コンビニエンスストアやスーパーが全国展開し、2000年頃から日本各地に広まっていきました。

太巻には、商売繫盛や無病息災を願う七福神にちなみ、伊達巻、干ぴょう、キュウリ、椎茸煮、桜でんぶ、ウナギもしくはアナゴの7つの具材を使用して「福を巻き込む」のが一般的とされています。近年では、これに代えて肉や海鮮など様々な具材を用いたり、韓国風のりまきであるキンパやロールケーキで代用するなど、それぞれの家庭で好きなようにアレンジした上で、イベントとして楽しまれることも増えています。

2021年の恵方は「南南東」。毎年、節分の時期には趣向を凝らした様々な恵方巻商品が展開されています。この機会にぜひ試してみてください。

家族で楽しめる、オススメの節分ギフト3選

それでは、節分の日に家族で楽しみたいオススメのギフトをご紹介します。

みなとや「桝入り節分福豆」価格:970円(税込)

みなとや「桝入り節分福豆」
出典:みなとや公式サイト

昭和23年、東京下町・門前仲町で創業した菓子店「みなとや」の福豆は、深川不動尊や富岡八幡宮での節分祭りにも納品されている伝統の品です。木製の枡の中に大豆と砂糖菓子を詰め、外側に鬼の面またはお多福の面をあしらった節分セットにはお守りも付属。大豆も北海道産の最高級品種「袖振大豆」を使用し、経験豊富な職人が炒り上げるなど、老舗ならではのこだわりの品です。

楽豆屋「六瓢豆(むびょうまめ)-無病息災-テトラタイギフトセット24個入り」価格:3,240円(税込)

楽豆屋「六瓢豆(むびょうまめ)-無病息災-テトラタイギフトセット24個入り」
出典:楽豆屋公式オンラインショップ

節分に楽しみたい大人の豆菓子がこちら。大正2年から大阪で豆菓子を作り続けている冨士屋製菓本舗 の人気の豆菓子6種類が楽しめるセットです。大阪産名品に指定されている「雀の玉子」をはじめ、見ているだけで楽しくなるカラフルなお豆は、大阪に伝わる縁起のよい瓢箪「六瓢」と無病息災を掛けて名付けられたもので、味にこだわり、体にも優しいお菓子。少量ずつテトラパックの小分けになっているので、配り物としても喜ばれます。

カラミノフーズ「牛肉入ナムルキンパ 3本入り」価格:3,240円(税込)

カラミノフーズ「牛肉入ナムルキンパ 3本入り」
出典:婦人画報のお取り寄せ

日本の食卓でもすっかりお馴染みになった韓国風のりまき・キンパ。塩と胡麻油で味付けされた香ばしいごはんの中に、もやし・小松菜・大根の3種のナムルと上質な牛焼肉がたっぷり詰まった太巻きは食欲をそそり、次々に手が伸びてしまいそう。いつもと違うアレンジ恵方巻としてオススメです。冷凍なのでお手軽に楽しめますが、化学調味料などは使用せず素材にこだわった作りなので、お子さんから大人まで安心して味わえます。

まとめ

節分にまつわる豆知識と、家族で楽しみたい節分ギフトをご紹介しました。日本全国の中では、まだ寒さが続く地域が多い季節ですが、暦の上では既に春。厳しい時期を乗り越えて待ち望んだ春の訪れを間近に感じるこの日に、ぜひ大切な方の無事と健康を願いながら楽しい思い出をつくってくださいね。

2021年の節分は2月2日!節分をより楽しめるオススメのギフト
最新ギフト情報をチェックしよう!