連載「ぼくたち、1日ギフトコンシェルジュ」 第34回小越勇輝さん

小越勇輝

小越勇輝さんがギフトについて考える

現場への差し入れや、関係者同士のプレゼントなどの機会が多く、美味しいものやおしゃれなものに詳しい人気俳優たち。本連載では、そんな彼らにいま取り組んでいる作品について伺いつつ、共演者へ贈りたいギフトやプレゼントの心得を語ってもらう。

今回は、毎週土曜日深夜0時からBSテレ東にて放送中の真夜中ドラマ「高嶺のハナさん2」に出演している小越勇輝さんが登場。

 

(撮影:藤井洋平/スタイリスト:小田優士/取材・文:中村佳子)

「高嶺のハナさん2」について

第34回の「ぼくたち、1日ギフトコンシェルジュ」を担当する、小越勇輝です。今日はプレゼントのエピソードや、現在放送中のドラマ「高嶺のハナさん」のお話をします。

小越勇輝

「高嶺のハナさん2」とは

「高嶺のハナさん2」は昨年放送された、ムラタコウジ先生の同名人気コミック「高嶺のハナさん」(日本文芸社「週刊漫画ゴラク」連載)を原作にした連続ドラマ「高嶺のハナさん」のシーズン2で、前作の1年後を描きます。

1作目では、会社では高嶺の花として一目置かれている超絶エリートの美女・高嶺華さん(泉里香さん)と、年下のダメ社員・弱木強の超ピュアな片思いを描いていましたが、今回は付き合い始めた二人の恋愛模様を中心に展開します。

僕は前作に引き続き、弱木強役で出演させていただいています。弱木は字も読めないようなポンコツな社員ですが、とてもまっすぐで何にでも取り組めるピュアな人です。

1年半ぶりに弱木を演じることになって、最初は弱木ってどんな感じだったか忘れてしまっている所あって不安でしたが、現場に入ってみたら自然と弱木のキャラクターが戻ってきた感じがありました。

弱木は「わーい」とか「やったぁ」というようなセリフがあって、こういう言葉って意外と普段の生活では言わないと思うんですけど、弱木としてならスッと言えるというか。素直に感情を表現できるまっすぐさはすごいなって思いながら演じています。僕はあんなにピュアじゃないし、失敗したらどうしようって考えてしまうタイプなので、この役を通して臆せずにチャレンジする気持ちって大事だなって気付かされています。

小越勇輝

「高嶺のハナさん2」の見どころ

前作は物語の後半にかけてキャラクターも内容もどんどん濃くなっていって、そこからの2作目なので、共演者のみなさんの熱量が最初から高くて、僕もそれに乗っからせてもらっている感じです。

前作ではアドリブがどんどん増えて、それがドラマの世界観とフィットした感じがあったので、今回もどうしたらもっと面白くなるかお互いに話したり、自分からアドリブを仕掛けたりしながら撮影しています。

今回はさらに自由度が増していますし、前作をご覧になっていない方も気軽に見ていただける作品なので、ぜひ、どんなおもしろシーンになっているか楽しみにしてほしいです。

プレゼントを贈るなら

それでは、ここからギフトについてお話ししていきたいと思います。

白トリュフの塩パンを差し入れしたい

今回も撮影現場にはいろいろな差し入れがあって、たぶん出演者の皆さんが好きな食べ物とかを差し入れてくださっていると思うんですが、僕だったら「TruffleBAKERY」の塩トリュフの塩パンを差し入れにしたいです。

結構前から知っていて大好きなんですけど、最近流行っているみたいで、買いに行くといつも行列なんです。なかなか買えないので、今度買えたら皆さんの分も用意して差し入れたいと思います。

両親からの初めてのプレゼント

これまでもらって嬉しかったプレゼントというと、両親から初めてもらった誕生日プレゼントですね。

僕が子どもの頃は、誕生日はケーキと食事でお祝いしてもらうのが定番で、両親から誕生日プレゼントをもらったことがなかったんです。それが普通だと思って育ったので、何とも思っていなかったんですが、二十歳になったとき初めて誕生日プレゼントとして指輪をくれて、すごくうれしかったです。一生モノとして大切にしていきたいと思っています。

そのプレゼントが最初で最後の両親からのプレゼントになるだろうと思っていたら、今年の誕生日、いきなり父親がスニーカーをプレゼントしてくれたんです。僕も父もスニーカーが好きで、コラボのものや抽選でしか買えないようなスニーカーを買ったりするんですが、その時も普通に「このスニーカーどう思う?」とか聞かれて「カッコイイね」というような会話をしてたら、いきなり「はい、プレゼント」って渡されて。びっくりしましたね、まさかもらえるとは思ってなかったので。
スニーカーって履かないと逆に経年劣化しちゃうので、大事に大事にケアしながら履いています。

両親へは毎年プレゼントを贈る

僕からは毎年両親の誕生日や父の日、母の日にプレゼントを贈っています。基本的に父の日や母の日はお酒とかの食べ物や消耗品にして、誕生日は何か形に残るものを妹と一緒に贈ることが多いですね。

父親はスニーカーが好きなので、毎年ちょっとプレミアがついて自分では買わないようなスニーカーをあげて、母は10月が誕生日なので、マフラーとかレッグウォーマーとか冬に向けて暖かく過ごせるようなグッズとか。女性のタレントさんが紹介しているものとかトレンドも気にしながら選ぶようにしています。

小越勇輝

小越勇輝的プレゼントの心得

自分では買わない、ちょっといいものを

僕、あまりプレゼントを贈りあうことがないんですが、もしプレゼントするなら、実際に選びながら自分でも欲しいと思ったもの、気に入ったものにすると思います。自分がもらって嬉しいものをあげたいっていうのが前提ですかね。それに加えて、自分ではちょっと手を出しにくい価格帯のものを選びます。

例えばシャンプーとか靴下みたいなもの。毎日使うものだけど、自分で買うときは節約しがちになるじゃないですか。いいなと思っても自分で3000円のハンドソープってなかなか買わないと思うので、そういう特別感のある消耗品なら、自分では選ばないからこそプレゼントであげるのがいいと思います。

奮闘する姿にきゅんきゅんして

今回、改めてプレゼントのことをお話してみましたが、とても新鮮でした。やっぱりプレゼントを考えるのは難しいですけど、そうやって悩んだりする時間も楽しいですね。皆さんも楽しんでプレゼント選びをしてみてください。

そして最後に。現在放送中の「高嶺のハナさん2」は、前作に続き相変わらずハナさんも弱木も歯がゆい部分がたくさんあるんですけど、応援したくなるような二人なので、ぜひ仕事に恋に奮闘するかわいらしい姿を見て、笑って、きゅんきゅんしてもらえればうれしいです。

 

<おわり>

プロフィール:小越勇輝(おごえ ゆうき)

小越勇輝

1994年4月8日生まれ。東京都出身。2010年8月よりミュージカル「テニスの王子様2ndシーズン」で主役の越前リョーマ役を務める。以降、「トモダチゲームR4」、「人狼ゲーム デスゲームの運営人」、梅棒 第14回公演「おどんろ」などドラマや映画、舞台などで幅広く活躍中。

Twitter:https://twitter.com/yuki_ogoe_0408
Instagram:https://www.instagram.com/yuki_ogoe/
オフィシャルサイト:http://www.kpoint.net/talent/ogoeyuuki

小越勇輝さんの誕生花
「フジ」

花言葉:恋に酔う

藤紫を基調とした美しい花で、花房が長くとてもいい香りがします。長く垂れて咲く花房が風に揺れる様子がとても美しい花です。
真夜中ドラマ「高嶺のハナさん2」
BSテレ東 毎週土曜日深夜0時放送中
テレビ大阪 毎週土曜日深夜1時放送中
公式サイト:https://www.bs-tvtokyo.co.jp/takanenohana2/

「高嶺のハナさん 2」製作委員会 2022
「高嶺のハナさん 2」製作委員会 2022

 

 

小越勇輝
最新ギフト情報をチェックしよう!