連載「高橋健介が日本のローカルな魅力について考える」第10回【メロディーロード編】

連載「高橋健介が日本のローカルな魅力について考える」第10回【メロディーロード編】

「日本のローカルな魅力について考える」をテーマに俳優・高橋健介さんがまだ知らない全国の魅力的な文化、歴史、自然などを知り、日本への理解をより深めてもらおうという本連載。

毎回、編集部がテーマに沿って厳選した日本のいいモノ・コト・場所を二つずつ高橋さんに紹介し、高橋さんにはどちらがより好きだったか本音で答えていただく。

第10回はメロディーロードについて。

(撮影:藤井洋平/ヘアメイク:田中紫央)

ドライブで走りたいメロディーロード

高橋健介

G 高橋さん、メロディーロードってご存じですか?

高橋 え、初めて聞きました。なんですか?

G 走ると曲が聞こえてくる道路のことです。

高橋 そんなことありますか?

G  心霊的な話じゃなくて、道路の舗装技術で、音楽が聞こえてくるように表面を加工してある車道のことです。高い音の部分は溝と溝との間が狭く、低い音の部分は溝と溝との間が広くなっていて、そこを車で通ると走行音がメロディーとして聞こえるんです。

高橋 へー。今回はまた予想外なお題。

G  前回、高橋さんが車の運転が好きって言っていた気がしたので……

高橋 好きっていうほどじゃないんですけど。でもメロディーロードは面白いですね。

G よかったです。そもそもメロディーロードって、どういう趣旨で作られたと思いますか?

高橋 なんだろう、観光?

G  それもあります。その土地土地にあわせたメロディーにすることで観光地のイメージ付けをするという狙いと、あとは交通安全ですね。

長い1本道など、どうしてもスピードを出しすぎてしまいがちな車道に設置することで、スピードの抑制を図ったり、びっくりして眠気を覚まさせる居眠り防止などを狙っているそうです。

高橋 なるほどね。法定速度じゃないとメロディーが崩れちゃうから。

G そうなんです。メロディーロードは全国各地に30カ所ほど設置されているんですが、特に盛んなのが群馬県で、群馬県に設置されているものには「メロディーライン」という呼称があります。

今回はその中から、高橋さんに楽しんでもらえそうなスポットが近くにあるメロディーラインを厳選2カ所ご紹介します。

 中之条町メロディーラインについて

G まずは、中之条町メロディーラインについて。
中之条町から四万温泉に向かう国道353号に設置されたメロディーラインで、「いつも何度でも」が流れます。

高橋 「千と千尋の神隠し」の主題歌ですよね。

G はい。ご存じですか。

高橋 「千と千尋」大好きなんで。何か関係あるんですか?

 はい。このメロディーラインの近くに四万温泉があるんですが、そこに「千と千尋の神隠し」に登場する「油屋」のモデルのひとつと言われている老舗旅館があるんです。

高橋 へー。でも「千と千尋」って2001年頃の映画だから、メロディーラインができたのって結構新しいんですか?

G 2008年頃らしいです。歴史的にはまだ若いですね。

高橋 じゃあ、これからもっと普及する可能性もありますね。

G  これがその「積善館」というお宿です。千尋が息を止めて渡ろうとした赤い橋ですね。

高橋 たしかに。

G 創業は330年ほど前、徳川綱吉が将軍の時代です。

高橋 生類憐みの令。

G  はい。ここには昭和5年に建てられた国の重要文化財になっている浴場があり、タイル張りの床に石造りの浴槽というレトロな雰囲気を楽しむことができます。

古くから伝わる入浴法の蒸し湯という場所もあります。低温ミストサウナのようなイメージらしいです。

高橋 ここは、今も入れるっていうことですか?

G はい。両方とも入浴OKです。

高橋 えー、すごいですね。

G このお宿だけでもすごいのですが、この四万温泉は2,000メートル級の山岳からなる上信越高原国立公園の中にあって、キャニオニングなどの沢遊ができる場所があったり、天然のニホンカモシカも生息しているんです。

高橋 自然が豊かだから温泉だけじゃなくて、散策も楽しめるんですね。

G  ツキノワグマやニホンザルも出るらしいので、山歩きにはちょっと注意したほうがいいですが、この時期だとキレイな紅葉を存分に堪能できます。

ほかにもスマートボールのお店や町中華が立ち並ぶ、昭和の風情を感じる落合通りという横丁があったり、異世界感が楽しめそうです。

榛名湖メロディーラインついて

G  榛名湖メロディーラインは、その名の通り、榛名湖にあります。ですので、流れる曲は「静かな湖畔」です。

高橋 はいはい。「カッコーカッコーカコカコカコ~」ですよね。

G ですです。
榛名湖といえば、日本でも屈指のパワースポットといわれる榛名神社が有名です。

高橋 知らないです。

G あ、ほんとですか?榛名神社は火の神「火産霊神(ほむすびのかみ)」と、土の神「埴山売神(はにやまひめのかみ)」を祀っていて、さらに周囲の森と湖から自然のエネルギーが集まっているので、どんな願い事にもご利益があると言われているんです。

本殿までは神社の入り口から700メートルほどの参道を歩きますが、その参道は清流を横に見ながら、巨岩、老杉が空を蔽い、森厳極まりないわけです。
参道を歩くだけで身も心も浄化された状態で本殿に到着できます。

高橋 マイナスイオンすごそうですね。パワーもらえそう。

G そして、榛名湖を挟んで神社の反対側にはロープウェイがあり、榛名山の頂上まで行くことができます。歩いても1時間程度なので紅葉を楽しみながら登るのも楽しいです。

高橋 へー。

G  頂上からは富士山が見えるので、ぜひ天気の良い日に登りたいですね。
ほかにも遊覧船やゴーカート、乗馬も楽しめます。

高橋 競馬のお仕事がきっかけで、今、馬にはけっこう興味あります。

 じゃあ、ぜひ馬車に乗ってほしいです。 

高橋 そうなんですか?

G 馬は何度も見ていると思うので、イメージはできると思うんですけど。

高橋 ま、そうですね。

G 榛名湖の馬車の馬は、今、高橋さんが想像した倍は大きいですよ。足なんて丸太みたいに太いですから。蹴り上げられたらひとたまりもないでしょうね。

高橋 あー。馬力が必要だから。

G はい。めちゃくちゃ怖いですよ。
そして近くには榛名湖温泉もあってサウナもちゃんとついているので、安心して泊ってもらえます。

高橋健介がドライブしてみたいメロディーラインは?

G 今回は以上です。

高橋 僕、圧倒的に千と千尋が好きなので、俄然、中之条町のメロディーラインだと思ったんですけど、榛名湖の輓馬がすごい大きいっていうから、気になってきてます。競馬のお仕事のおかげで馬に愛着が湧いたっていうのもありますし。

G そうなんですね。榛名湖では引退したサラブレッドも活躍していますよ。

高橋 いいですね。めっちゃ迷いますけど、今回に関しては同じ群馬県ですよね?距離的には?

G  車で40分くらいですね。

高橋 どっちも行けばよくない?っていう(笑)。

G 気付いちゃいました?そうなんですけど、そこをあえて……っていう。

高橋 本当はメロディーラインって、その場に行っていきなり聞いたことがある曲が流れるっていう出会いをすると、より楽しめるんでしょうけどね。

G 確かに。行く楽しみを奪っちゃいましたかね。

高橋 いや、でも中之条町でいうと、四万温泉と合わせて千と千尋の聖地巡礼として行きたいです。僕の肌感ですけど、10人中8人は見たことがある映画なので、誰でも知っていても走った瞬間の感動が大きいと思うので。

G そうですよね。

高橋 強いて言うなら中之条町にしますけど、僕だったら間違いなく両方行きます

G そうなりますよね。

高橋 サウナも両方入れるし、泊まって2日かけて周ればいいと思うんですよ。だから、どっちを先に行くかっていうだけですよね。

東京方面から行くなら、関越道で中之条町の方まで行っちゃって、帰りに榛名湖町に寄って、榛名神社のパワーをもらって帰ってくるっていうのが理想ですよね。

G それいいですね。
ちなみに、このピン留めしてある10カ所が群馬県のメロディーラインです。

高橋 そうなんだ。それならもう10カ所周って何の曲が流れるか確かめたいですよね。

G ですね、じゃあ群馬県全メロディーラインを巡るっていうことで。

高橋 うん、イイと思います。

<つづく>

※掲載情報は記事公開時の情報です。

高橋健介(たかはし けんすけ)

1994年12月24日生まれ。東京都出身。2014年に舞台『ハマトラ』で初主演、2015年には『ウルトラマンX』で主演として大空大地役を務める。『テレビ演劇 サクセス荘』、ミュージカル『刀剣乱舞』など数々の人気作品に出演している。10月22日・23日「MASAMI SYSTEM VOL.1 高橋健介のヒトリブタイ『ビューティフル』」に出演予定。
Twitter:https://twitter.com/kensuke_mr6
Instagram:https://www.instagram.com/kensukeaogaku/
オフィシャルサイト:https://takahashi-kensuke.com
今回紹介した都道府県のお花

群馬県「レンゲツツジ
花言葉:「あふれる向上心」「 情熱」
開花時期:4月~6月
連載「高橋健介が日本のローカルな魅力について考える」第10回【メロディーロード編】
最新ギフト情報をチェックしよう!