連載「ぼくたち、1日ギフトコンシェルジュ」第27回 曽田陵介さん

曽田陵介

曽田陵介さんがギフトについて考える

差し入れや、関係者同士でプレゼントを贈りあうことが多い人気俳優たち。本連載では、そんな彼らにいま取組んでいる作品について話を聞きながら、共演者へプレゼントを贈るとしたら何をセレクトするか、差し入れはどんなタイミングで何を届けるかなどを考えてもらう。

今回は、7月16日(土)から24日(日)にかけて、新国立劇場にて上演される舞台『パレード』に出演する曽田陵介さんが登場。作品の話やギフトに関するエピソードなどを聞いた。

(撮影:藤井洋平/スタイリスト:岡村春輝/ヘアメイク:いたつ/取材・文:中村佳子)

舞台『パレード』について

第27回の「ぼくたち、1日ギフトコンシェルジュ」を担当する、曽田陵介です。今日はギフトにまつわるエピソードや、7月16日(土)から始まる舞台『パレード』のお話をします。

曽田陵介4

舞台『パレード』とは

舞台『パレード』は、吉田修一さんの小説を原作にした作品で、2LDKのマンションで暮らす5人の若者たちの共同生活を5人の視点から描いています。

この舞台は、新国立劇場の小劇場にセンターステージを作り、そのステージが5人の暮らす2LDKの部屋になっているので、観客の皆様には全方向から5人の暮らしを見ていただくことになります。

舞台『パレード』のみどころ

僕はこの作品で夜のお仕事(男娼)をしている18歳の小窪サトルを演じます。4人が暮らす部屋に後から加わって、その部屋の安定を覆すような役どころです。

今、絶賛稽古中で、まだ情景まではイメージができていませんが、キャラクターそれぞれの個性がしっかりできていますし、原作とも映画とも違う見方ができると思います。

この作品で僕はサトルのほかに「男」という役割も演じます。原作にはサトルについて「超役者」「超観客」と表現した部分があって、この舞台ではまさにそれが「男」という形で出てきているように感じました。台本を読んで、どう演じればいいか悩んだんですけど、演出家さんやキャストの皆さんとたくさん話して、しっかり突き詰めていくつもりです。

曽田陵介3

舞台『パレード』の魅力

『パレード』は原作と映画を見させてもらって、すごく難解な作品だと感じました。本当に人によって感じ方が違う作品ですよね。僕は見終わった後に「わかる~」って思う部分も多かったですけど、気持ち悪さを感じる人もいると思う。でもその気持ちが悪さって、誰しも人間関係の中で感じたことがあるもののような気がします。うわべだけの付き合いが究極、行き着く先というか、人間特有の怖さを感じますね。

サトルは見る人によって人物像がまったく変わると思います。サトルだけどサトルじゃないというか、存在があやふやでサトルっていったい何者?……って思う時がある。ずっとニコニコして、人間を見るのが好きで冷静に観察している子だけど、無邪気でもあって、どこかもの悲しく感じる人もいると思う。突っ込むところは突っ込むし、実は4人のなかでは一番まともなんじゃないかな。

すごく難しいですけど、僕は、見る人の感じ方によって全然違うサトルになるように、とにかく楽しんで演じたいです。

共演者へのプレゼントについて

それでは共演者への差し入れや、プレゼントのエピソードについてお話ししたいと思います。

舞台『パレード』の共演者にはハンディファン

僕自身が差し入れであると嬉しいのは、チョコレートですね。高カカオのチョコレートなら集中力も高まりそうだし、疲れた時は糖分が欲しくなるので、そういう時にチョコレートがあればなんとかなる気がします。

CRAFT CHOCOLATE WORKS
出展/参考商品:CRAFT CHOCOLATE WORKS

でも今回は出演者が5人で少ないし、しかも夏で暑い時期だから熱中症とかも心配なので、全員にハンディファンをプレゼントしたいです。できれば舞台『パレード』のグッズとかでハンディファンが出るならそれを買ってみんなで使えたら楽しいですよね。……なさそうなので、お揃いを探してプレゼントしたいです。

ポータブルファン
出展/参考商品:Francfranc

自宅にタワーファンが欲しい

ハンディファンの話をしましたが、実際、今暑くなってきて、自分の家用に扇風機が欲しいと思っているところなんです。羽が付いているのがイヤなので、縦型の羽がない扇風機がいいなと思っていて。自然な風が出て気持ち良いらしいですよね。加湿空気清浄機付きのものもあるので、特に舞台の稽古をしている時期は家にあったらすごく良いなと思っています。

Dyson Purifier Cool™空気清浄ファン ホワイト/シルバー
出展/参考商品:ダイソン公式サイト

眞嶋秀斗さんへプレゼントするならボールペン

今回の共演者では、眞嶋秀斗くんとだけ一度ドラマで共演したことがあって、8月で27歳になるみたいです。だからこの機会にもし眞嶋くんにプレゼントを贈るとしたら、ボールペンがいいと思います。

役者のお仕事をしていると台本に書き込むことも多いし、僕の場合は役作りの時は専用のノートにいろいろ書くことも多いので、ボールペンなら実用的に使ってもらえると思います。オーダーメイドもできるし、イニシャルを入れることもできるのでプレゼントにはおすすめです。

PARKER(パーカー)「ソネット マットブラックCT ボールペン」
出典:PARKER公式サイト

 プレゼントのエピソード

嬉しかったプレゼントはコーヒーメーカー

これまでもらったプレゼントで特にうれしかったのは、おしゃれなコーヒーメーカーです。朝はそのコーヒーメーカーでコーヒーを淹れています。僕コーヒーが好きで、昔はイタリア人に憧れてよくエスプレッソを飲んでいました。お砂糖をたくさん入れるとカラメルみたいになって美味しいですよ。最近は普通にブラックコーヒー派で、何もないときは家でそうやって優雅な感じで過ごしています。

【BALMUDA/バルミューダ】 The Brew コーヒーメーカー
出展/参考商品:JOURNAL STANDARD FURNITURE

普段はお気に入りのお店でコーヒーの粉を買っているんですけど、最近、「スターバックスコーヒー」で豆を好みに合わせて挽いて、家まで持ってきてくれるサービスがあるらしいので、一度頼んでみたいんですよね。アイスコーヒーも好きですけど、朝に冷たい飲み物を急に飲むのはあんまりよくないって聞いたので、朝のコーヒーはホットで飲むようにしています。

ファンの小学生がくれた手作りの本

プレゼントでびっくりしたのが、以前ファンの小学生の子が、僕がデビューしてから今までの出演作品を全部まとめて1冊の本にしてプレゼントしてくれたことがあって。その本を見れば僕の2年間がまるわかりっていう作品だったんですよ。時間もかかっただろうと思うと余計うれしかったですね。

普通にフェイスパックとか靴下とか、実用的なものをもらったこともあるし、共演者の方から「似合いそうだから」ってハンカチをもらったこともあるんですけど、そういう風に僕のことを考えてくれるのはうれしいですね。

曽田陵介的プレゼントの心得

手軽にスマホでプレゼントを贈る

僕、島根県出身で今は東京で一人暮らしをしているんですが、何かあるときは家族にプレゼントを贈るようにしています。この前母の日と父の日には、二人にそれぞれスマートウォッチをプレゼントしました。

僕は結構気軽にプレゼントする方で、姉の誕生日にはPayPayで残高をチャージするっていうプレゼントを贈ったり、友達にもよくLINE GIFTでコーヒー店のチケットを送ったりしています。会わなくてもスマホで簡単に気持ちを伝えられるのがいいですよね。どこでも使いやすいと思うし、僕ももらったらうれしいギフトの一つです。

あとは、透明のリップクリームとかは男性も使いやすいから定番であげたりしますね。

曽田陵介

何が欲しいかは絶対に聞かない

プレゼントを贈る時は日常使いしやすいものを選ぶようにしていますが、大前提として、相手に何が欲しいかは聞かないです。プレゼントは考えてくれる時間がうれしいじゃないですか。そこを省いて、欲しいものを聞いちゃったら思い入れがなくなっちゃう気がします。リクエストしたものをくれるってわかると期待感が薄れるというか、ドキドキがないので、絶対、それはダメですね。

最後に

舞台『パレード』のお話に始まり、プレゼントについてまでたっぷりお話させていただきました。プレゼントを選ぶ際の参考にしてみてください。

そしてこの舞台『パレード』は、僕にとって久しぶりの舞台出演で、しかもセンターステージです。これまで全方向から見られるという経験はなかったし、すごく面白いものになると思っています。皆様にも新感覚で楽しんでいただける舞台になっていますので、ぜひ舞台の方にも足を運んでいただけると嬉しいです。

<おわり>

プロフィール:曽田陵介(そた りょうすけ)曽田陵介2

1997年10月24日生まれ。島根県出身。学生時代にTikTokで注目を集めデビュー。 主な出演作は、ドラマ・映画「ホリミヤ」、ドラマ「おしゃ家ソムリエおしゃ子!2」、ドラマ「不幸くんはキスするしかない!」、ドラマ「村井の恋」など。

Instagram:https://www.instagram.com/s24ry/
Twitter:https://twitter.com/s24ry
TikTok:https://www.tiktok.com/@s24ry

舞台『パレード』
2022年7月16日(土)~24日(日)
新国立劇場 小劇場
公式サイト:https://PARADE2022.com/
公式ツイッター:https://twitter.com/parade2022stage


流れるように続く共同生活は、思いがけないラストへ向かっていく…。
あなたに見えているのは、”誰”?


5人の若者たちのルームシェアを舞台に、良介→琴美→未来→サトル→直輝の
それぞれの視点から、全5章で描かれる『パレード』。
今作では、5人の視点に加え、<語り>として観客の視点を取り入れるほか、
ライトでドライな不条理系会話劇を得意とする平塚直隆ならではの演出をちりばめ、
新国立劇場 小劇場のセンターステージにて、様々な分野で活躍するキャスト陣で挑みます。
2022年は、小説『パレード』の上梓から20年、一度目の舞台化から10年の年。
彼らの共同生活のゆくえを、ぜひ観察しにいらしてください。
【FIX】Parade_A4_新メインビジュアル02_コピー入り

曽田陵介
最新ギフト情報をチェックしよう!