連載「高橋健介が日本のローカルな魅力について考える」第6回【レンガ建築を見るなら】

連載「高橋健介が日本のローカルな魅力について考える」第6回【有名なレンガ建築を見るなら】

「日本のローカルな魅力について考える」をテーマに俳優・高橋健介さんがまだ知らない日本各地の名産や隠れスポット、文化などを知り、高橋的NO.1〇〇を決定していく本連載。

毎回、編集部がテーマに沿って厳選した日本のいいモノ・コト・場所を二つずつ高橋さんに紹介し、高橋さんにはどちらがより好きだったか本音で答えていただく。

第6回は「レンガ建築を見に行くなら?」というテーマで話を聞いた。

(撮影:藤井洋平/ヘアメイク:佐藤由佳/取材協力:和食 板垣 東京都足立区千住5丁目6-7)

レンガが美しい明治の建築物

高橋健介第6回②

G 高橋さんは歴史モチーフの作品や古い時代設定の作品にも出演されていますが、歴史的な建物とかは興味があったりしますか?

高橋 特に興味深く見るということはないですけど、古そうな建物があると目には留まりますよね。

G  ですよね。街を歩いていて急に時代を感じる建物が現れるとわくわくしますよね。

高橋 建物にも流行りみたいなこともあるし、当時の風情みたいなものを感じるのかもしれないですね。

G うちの近くにも100年くらい前の民家や、宮大工が作った銭湯とか江戸時代の建物が残っているんですけど、すごく繊細な細工だったりして。

高橋 お寺とかは信じられないような装飾があったりしますよね。でもお城とか寺社とか、観光で行ったことはありますけど、建物を見るためというのはないですね。

G なるほど。今回は明治初期に日本で増えたレンガの建築物から2つピックアップしました。まず見てほしい有名な2カ所です。

高橋 レンガで有名な建物って、東京駅くらいしかピンとこないですね。

G 東京駅は大正時代にできたんですよね。でも今回紹介するのは両方とも一度は見たり聞いたりしたことがあると思うので大丈夫です。

高橋 なるほど。じゃあ早速お願いします!

群馬県・富岡製糸場について

富岡製糸場
出展:富岡製糸場と絹産業遺産群

G まずは富岡製糸場。

高橋 富岡製糸場は世界文化遺産ですね、さすがに何かしらで見たことはありますよ。

G ですね。ざっくりお話しますと150年くらい前の明治5年に開業して日本の近代化に貢献した日本初の本格的な機械製糸場で、当時の姿で現存している建物です。

高橋 周辺にも養蚕農家とか蚕を貯蔵していた風穴とか、絹産業の歴史が残っているんですよね。

G 絹産業遺産群というやつですね。

高橋 確かに製糸場はレンガですね。でもちょっと前まで江戸時代で、レンガの建物なんてなかったんじゃないですか

 はい、幕末から明治初期、工場を中心にレンガを使うようになってきたらしいです。
これはフランス人の技術者が設計していて、建物は木骨レンガ造りという技術なんですが、骨組みは木材、屋根部分はトラス組みになっていて重たい瓦を支えています。
それによって大型の機械を使う繰糸所内の柱をなくして、大きなスペースを確保しているんです。

繰糸場
出展: 富岡市

高橋 えーすごい。
でもレンガ造りに瓦屋根って違和感ですね。和洋折衷っていうか、西洋化されつつあった明治の時代を表している感じがします。

G はい。このときのレンガは屋根の瓦を焼いている瓦職人が作ったそうです。当時使われていたレンガは輸入だったらしいんですけど、富岡製糸場は巨大で輸入するのはコスパ的に合わなかったみたいですね。
東京駅のレンガに比べると色が薄いのはレンガの焼成温度が低かったかららしいです。

高橋 そこまでしてなぜレンガって思っちゃいますけどね。

G レンガって吸水・乾燥に優れているので、湿度調整ができて質の良い絹糸を作ることができたんだと思います。耐火性とか遮音性もありますから、工場には向いていたのかもしれないですね。ちなみに竣工当時は床もレンガだったそうです。

高橋 へー、徹底していますね。

G そしてレンガには積み方があるの、知ってますか?

高橋健介第6回④

高橋 何積みかはわからないですけど、聞いたことはあります。フランスとか何とかってやつですよね……。

G あ、そうです、富岡製糸場はフランス積みです! レンガの長辺と短編を交互に並べ、それを積み上げているのがフランス積みです。

富岡製糸場
出展:富岡市

高橋 本当ですね。よく見ると交互になってる。レンガの壁って長辺だけが見えるものを想像しちゃいますけど。

G それは長手積みってやつですね。逆にレンガの短辺だけが見えているのは小口積み。

G 富岡製糸場は繰糸所以外にも、繭を貯蔵していた東置繭所・西置繭所も国宝に指定されているので、見どころだと思います。

G そして、富岡製糸場まで行ったらついでに見てほしいレンガ建造物がもう一つ。製糸場から25キロくらい軽井沢方面に行った場所にある碓氷第三橋梁、通称「めがね橋」です。日本最大のレンガ造りの橋。

碓氷第三橋梁
出展:安中市

高橋 ちょっとズルくないですか(笑)。2つになっちゃった。

G そうなんですけど、富岡製糸場にレンガを見に行くことを想定したら、絶対にめがね橋も行くだろうということで……1セットだと思ってください

高橋 わかりました(笑)。富岡製糸場と関係あるんですか?

碓氷第三橋梁
出展:ググっとぐんま公式サイト

G はい。明治26年から繭や絹糸を運ぶための鉄道が走っていました。急こう配を克服するアプト式機関車が走っていたそうです。今は遊歩道になっていて当時鉄道が走っていた道を散策することができます。橋の高さが約31mあるので大迫力ですね。

高橋 へー。怖そう。ちなみにこれは何積みですか?

G イギリス積みです。小口積みの段と長手積みの段を交互に積み上げる方法で、橋脚とかにはよくある積み方らしいです。

京都府・南禅寺水路閣ついて

南禅寺水路閣
出展:日本遺産 琵琶湖疏水

G 続いて京都府左京区にある南禅寺水路閣。映画やサスペンスドラマのロケ地になっているので、見たことがあるんじゃないでしょうか。撮影で行ったこととかありますか?

高橋 いやー、見たことないですね。行ったこともないです。

G そうなんですね。ここは見てのとおり、橋脚の間をアーチ型にくりぬいています。延々と続いているような、合わせ鏡をのぞいているような。

南禅寺水路閣

高橋 ちょっと不思議な気持ちになりますね。

G ですよね。この南禅寺水路閣、実は南禅寺の中を通る水路橋なんです。

高橋 名前の通りですけど、見た目からは水路だって思わない人が多いでしょうね。でもなぜお寺の中に水路?

 これは琵琶湖から京都に水を通すために作られた琵琶湖疎水の一角なんですけど、この周辺は地理的に山が多くて橋を架けたり掘削しながら進んでいましたが、どうしても掘削できない場所があって、そこ避けるため南禅寺を通過する形になったらしいです。
全長20キロで明治23年に完成して現在も現役で水の供給を続けています。

イギリス積み

高橋 橋の下からは見えないけど、今も上には水が流れているんですね。これがイギリス積みですか?

 はい。この橋脚はイギリス積みですね。

G ほかにもこの琵琶湖疎水が通っているところは、当時のレンガ造りを見られる場所があります。

疎水船
出展:日本遺産 琵琶湖疏水

高橋 100年前当時の景観が生きているのは興味深いですね。

G はい。例えば、歩いて10分程度のところにはねじりまんぽという不思議なレンガのトンネルがあります。

高橋 確かに何か変ですね。ドラえもんのタイムトンネルみたいっていうか、歪んでます?

G そうなんですよ。このトンネルは疎水に対して通路が斜めというか直角に通っていないんです。
さらに、レンガが地面に対して斜めに積まれています。そのためワープしてるみたいな不思議な造りになっているんです。

ねじりまんぽ
出展:京都ecoトリップ

高橋 面白い構造ですね。何か理由があるわけですよね?

G ここは疎水の一部である蹴上インクラインという場所で、世界最長の傾斜鉄道跡なんです。
当時、この疎水には船が通っていたんですけど、高低差約36メートルの急斜面になってしまう場所があって、そこを船が運航できないので、この部分だけ船を引っ張り上げるための線路を通していたんです。

高橋 なるほど。低いところから高いところに水を流すことはできないから、京都に行った船を琵琶湖方面へ戻せなくなっちゃうってことですね。

G ですです。で、この部分は船を持ち上げる台車が何度も走るわけで、大変な荷重がかかるので、重さに耐える強度を持たせるために、ねじれた設計になっているんですって。
ちなみにまんぽとは、鉄道などの下をくぐる小規模トンネルのことを指します。

高橋 なるほど。南禅寺水路閣のほかにも沿線というか水路沿いには、そういうレンガとか石積みの建物とかたくさん残っているんですね。

高橋健介が見に行きたいレンガ建築物は?

高橋健介第6回③

G 今回はどうでしたか?

高橋 僕、「ハリー・ポッター」シリーズが大好きなんです。「ハリー・ポッター」ってロンドンが舞台だから映画にはレンガの建物が出てくるんですよ。それに近い世界観を感じるというか、興味深かったです。

G それはよかったです!

高橋 で、どっちに行きたいかって言ったら富岡製糸場のある群馬ですね。
だって世界遺産になっている富岡製糸場でフランス積みが見られて、車で30分くらい行けばイギリス積みのめがね橋の景観を楽しめるんですよね? レンガ建築を見る目的だとしたらめっちゃ効率いいじゃないですか。

G  そうですね。でも南禅寺水路閣のねじりまんぽは結構珍しいんですけどね。

高橋 確かに。それに南禅寺は京都の左京区にあるからそういう意味では周辺観光も楽しそうだと思うんですけど、めがね橋も碓氷峠を超えれば軽井沢が近いし。

G そうなんですよ。あと碓氷峠を通るなら碓氷湖があって、重力式コンクリートダムの坂本ダムも見られますよ。

高橋 ダムの回、やりましたね(笑)。

ちなみにマネージャーは「峠の釜めし」が好きで、その辺に行ったら絶対お土産で買うらしいですよ。

峠の釜めし
出展:峠の釜めし本舗 おぎのや東京

G いいですね!
じゃあ富岡製糸場を見学してからめがね橋周辺を散策して、碓氷峠を越えて軽井沢のアウトレットとか行って、帰りは「峠の釜めし」を食べながら帰るっていうプランで。

高橋 いいと思います。
でもとりあえず今はまず、93/4番線(9と4分の3番線)がフランス積みなのかイギリス積みなのか……っていうのを調べたいですね。

<つづく>

 

高橋健介(たかはし けんすけ)

1994年12月24日生まれ。東京都出身。2014年に舞台『ハマトラ』で初主演、2015年には『ウルトラマンX』で主演として大空大地役を務める。『テレビ演劇 サクセス荘』、ミュージカル『刀剣乱舞』など数々の人気作品に出演している。
現在、東映特撮ファンクラブオリジナル作品『リバイスレガシー 仮面ライダーベイル』ドラマ「不幸くんはキスするしかない!」【放送局:MBS毎週木曜深夜1:29~、テレビ神奈川毎週木曜深夜1:00~、群馬テレビ毎週火曜深夜0:30~、とちてテレ毎週水曜深夜1:00~、テレ玉毎週木曜日11:00~、千葉テレビ毎週木曜日11:00~】、2022年5月8日(日)から6月26日(日)にかけて全国8都市で開催される、ミュージカル『刀剣乱舞』~真剣乱舞祭2022~に出演中。
Twitter:https://twitter.com/kensuke_mr6
Instagram:https://www.instagram.com/kensukeaogaku/
オフィシャルサイト:https://takahashi-kensuke.com

※掲載情報は記事公開時の情報です。

関連記事

高橋健介が連載への意気込みを語る 「日本のローカルな魅力について考える」をテーマに俳優・高橋健介さんがまだ知らない日本各地の名産や隠れスポット、文化などを知り、高橋的NO.1〇〇を決定していく本連載。 毎回、編集部がテーマに沿って厳選し[…]

関連記事

高橋健介が連載への意気込みを語る 「日本のローカルな魅力について考える」をテーマに俳優・高橋健介さんがまだ知らない日本各地の名産や隠れスポット、文化などを知り、高橋的NO.1〇〇を決定していく本連載。 毎回、編集部がテーマに沿って厳選し[…]

新連載「高橋健介が日本のローカルな魅力について考える」【プロローグ・後編】
関連記事

「日本のローカルな魅力について考える」をテーマに俳優・高橋健介さんがまだ知らない日本各地の名産や隠れスポット、文化などを知り、高橋的NO.1〇〇を決定していく本連載。 毎回、編集部がテーマに沿って厳選した日本のいいモノ・コト・場所を二[…]

連載「高橋健介が日本のローカルな魅力について考える」第1回【ご当地グルメ編】
関連記事

「日本のローカルな魅力について考える」をテーマに俳優・高橋健介さんがまだ知らない日本各地の名産や隠れスポット、文化などを知り、高橋的NO.1〇〇を決定していく本連載。 毎回、編集部がテーマに沿って厳選した日本のいいモノ・コト・場所を二[…]

連載「高橋健介が日本のローカルな魅力について考える」第2回【日本の名画座編】
関連記事

「日本のローカルな魅力について考える」をテーマに俳優・高橋健介さんがまだ知らない日本各地の名産や隠れスポット、文化などを知り、高橋的NO.1〇〇を決定していく本連載。 毎回、編集部がテーマに沿って厳選した日本のいいモノ・コト・場所を二[…]

連載「高橋健介が日本のローカルな魅力について考える」第3回【マンガ聖地巡礼編】
関連記事

「日本のローカルな魅力について考える」をテーマに俳優・高橋健介さんがまだ知らない日本各地の名産や隠れスポット、文化などを知り、高橋的NO.1〇〇を決定していく本連載。 毎回、編集部がテーマに沿って厳選した日本のいいモノ・コト・場所を二[…]

連載「高橋健介が日本のローカルな魅力について考える」第4回【日本3大ダム編】

 

連載「高橋健介が日本のローカルな魅力について考える」第6回【有名なレンガ建築を見るなら】
最新ギフト情報をチェックしよう!